山口県消防操法大会を見学して

 9月19日、山口市鋳銭司にある山口県消防学校において、山口県、(公財)山口県消防協会、山口県消防クラブ連合会主催による平成27年度山口県消防操法大会が開催されました。

 この大会は、消防技術の向上、及び、消防団員の士気・連帯意識の高揚を図り、消防団の活動力の強化と県民の理解を深めるために開催されるもので、県内の消防団、及び女性消防隊の代表が消防操法の技を競います。

 本大会の基本操法ポンプ車の部に、第12分団久米・櫛浜支部が、また、基本操法小型ポンプの部に、第13分団大島・粭島支部が、周南市の代表として出場しました。両分団とも私の地元ですので、朝から応援に行きました。

 7月19日に周南市の大会が開催されて以来、(2015-07-31 第13回周南市消防操法大会)団員の皆さんは、暑い中、毎晩、集まっては練習をされていました。出場選手だけでなく、分団員全員が集まり、練習の手伝いをされますし、周南市消防本部からも指導に来てくださっていました。

 この基本操法は、ホース延長から放水までの基本的な操作の確実性と迅速性を競うもので、大会では、その練習の成果を発表します。本番前の皆さんの顔には、普段は見ることができない程の緊張感が漂っています。

 残念ながら、両チームとも優勝はできませんでしたが、共に、大変すばらしい操法を見せていただきました。

 大島・粭島支部には地元の日本精蝋の会社にお勤めの方が数名入っておられます。本大会にも3名の方が出場されていましたが、企業と地域が連携して、地区の安全を図る活動をされているのも珍しいことと思います。

 また、この大会では、他にも、応急操法の部(5種類の障害を突破し、2種類の標的を打ち落とすもの)と、女性消防団員による軽可搬ポンプ基本操法の部と、女性防火クラブによる水バケツ消火競技の部があります。

 水バケツ消化競技には、私の看護学校時代の同級生が出場していました。彼女は毎年のように出場していますが、チームワークも良く、命中率も高く、見事に優勝しました。「すごいなー!」と感動しながら、友人としても誇りに思います。

 夜は、団員や消防本部の方、約60名参加のもと、賑やかな反省会が行われました。「今回は優勝を逃してしまったけれど、次回はまた頑張りたい」と言う若者の声を聞いて頼もしく思いました。皆さんお疲れ様でした。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ