「輝く女性応援会議」に参加して

 9月8日、内閣府主催の「輝く女性応援会議」が山口県教育会館で開催され、環境福祉委員会の委員として関心を持って参加しました。

 最初に村岡知事が
山口県では、毎年1万人ずつ人口が減少している。特に若い女性が多い。逆に福岡県は、毎年1万人ずつ若い女性が増加している。山口県では、他県にはない取り組みとして、女性の創業支援のための応援会社をつくった。他にも子育て支援として、男性の育児休業を勧めるなど取り組みを進めている。女性の活躍を応援しているので共に頑張りましょう!」
とご挨拶されました。

 次に内閣府大臣政務官、越智隆雄衆議院議員が「全ての女性が輝く社会を目指して」というタイトルで基調講演されました。

 その次にパネルディスカッション第1部。輝く女性として、西京銀行営業統括部の荒瀬ひろみさん、うさみ労務経営事務所の宇佐美理世さん、企業組合工房HaHaの山本百合恵さんの3名と、各界リーダーとして、(株)カシワバラ・コーポレーションの柏原伸二会長、県経営者協会の玉田英生副会長、ライフスタイル協同組合の船崎美智子さんの3名によるパネルディスカッションで、コーディネーターは、山口大学の鍋山祥子教授がされました。

 最後にパネルディスカッション第2部として意見交換があり、上記の7名の他、村岡知事も登壇されました。


 女性が社会で活躍するためには大きな壁があります。
①配偶者の転勤や移動・・・キャリアアップへの弊害、定年まで勤められるか?
②出産・子育てなど、女性にかかる責務・・・仕事との両立が困難
③女性本人に働く強い意志はあっても、社会の全体、家族の理解や支援がないと無理。


 しかし、今、
④人口減少を乗り切っていくには女性の力がなくては無理。
⑤高齢化する中山間地域の中で、元気な地域には必ず女性の活躍がある。
⑥女性の明るさ、コミュニケーション能力の高さは、地域づくり、仲間づくり、県づくり、国づくりに欠かせない。「女性が輝けば、日本が輝く
⑦女性を活用すれば、経営にとってもプラスになる。

と、女性の力がようやく評価され始めたように思います。

 働く女性への支援が社会全体で大きくクローズアップされ始めた今を好機ととらえ、出来る限りの応援をしていく時だと思います。そのことが少子化に大きく影響を与えるのではないでしょうか。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ