藻谷浩介さんの「みんなで考える地域活性化」を聞いて

 去る9月6日スターピアくだまつ大ホールにおいて、周南青年会議所の主催にて、日本総合研究所 主席研究員の藻谷浩介さんのご講演がありました。

 藻谷さんは周南市出身。徳山高校、東大法学部卒、現在51歳です。「みんなで考える地域活性化」と言うタイトルでお話をされました。

地域活性化って何?・・・
 交通が便利になること?工場が増えること?もっと好景気になること?
 いやいや、周囲に赤ちゃんの声が聞こえること
 これ以上、人口が減らなくなるように、若者がこの地域に戻り子供が生まれ続けるように、「誇りの持てる地域」を残さなければ!

地域内でお金を回すことの重要性について・・・
 市民一人が年間に使うモノ、消費額の100万円のうち、1万円でも、地元産品の消費に回せば、20億円が地域経済に回って、年間400万円の雇用500人分に匹敵する。

「地産地消」と「地消地産」の違いについて・・・
 隣のショッピングセンターに行った。鳥取の梨はあったが、須金の梨はなかった。
 その地で消費するものくらい、その地で作らなければ。
 今回ここに用意してくださった水もフランスのものだ。下松にも美味しい水はいっぱいあろうに。

* 周南が今、やるべきこと
 ①若者が戻り、子供が生まれるような施策。
 ②雇用を生む6次産業で域内循環を再構築。
 ③県の中心だった徳山駅前周辺の空洞化を止めること。


など、とても有意義なお話を伺うことが出来、これからの政治活動に活かしていきたいと思っています。

 また、屋外では、工作や折り紙教室、手芸品や野菜の販売、飲食ブースなどが用意され、雨の中ではありましたが、多くの市民が楽しんでおられました。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ