周南倫理法人会で「あいサポート」について話しました

障害を持つ方への支援についてお話させていただきました。 所属している周南倫理法人会でモーニングセミナーの講師を依頼され、9月3日、「あいサポーターについて」お話させていただきました。山口、光下松でのモーニングセミナーを合わせると、今回、6回目になります。

Ⅰ]障害者支援を一生懸命している理由
平成4年の「みんなで走ろう42.195キロ」に家族で参加し、走ることができない人のことを知った。

平成5年「手話落語」に行き、「耳が聞こえる私たちは、聞こえない人を疎外していたのかもしれない」と気付き、反省。手話・聴覚障害・福祉に関心が湧いてきた。

*ガールスカウト活動で知的障害があるゆうこちゃんとの出会い
 トイレの水を流すセンサー・・・目の見えない人はどうやってこのセンサーを知るのだろう?

*障害のある人たちが私を議員として育ててくれた。


Ⅱ]山口県の現状
*障害がある人の数
  身体障害者・・・6万7千人
  知的障害者・・・1万1千人
  精神障害者・・・2万6千人
  発達障害などを加えるともっと多い。
  人工透析、心臓のペースメーカーなど、他の人から見えない障害も。

*山口県の人口は約140万人
  県民の13人に1人の方が何らかの障害を持つ


Ⅲ]議員になって実際の活動
視覚障害がある人のために・・・
エスコートゾーンを設置
*音響信号機の設置と、夜間の時間延長。
登山大会・・・角倉山、莇ヶ岳
     
聴覚障害がある人のために・・・
*山口県を舞台にした映画「ほたるの星」の上映会(テロップ付き・手話付き)
 →「ほたるの藤井さん」と呼ばれるように。
*「こすもすの家」の開設
 →「警察官立ち寄り所」・・・パトロール区域に。
  警察官への手話研修会
      

Ⅳ]障害は自分には関係ない?
*近眼の人・・・もし地震が来て逃げようと思っても、眼鏡を壊してしまったら一歩も動けない。
  老眼の人・・・眼鏡がなければ、時刻表や電話帳、ゼンリンの地図の番地も見えない。
  事故・・・交通事故、建築現場の転落事故、スポーツ事故など、一瞬の事故で体が動かなくなる。
  病気・・・脳血管疾患などで半身麻痺。小さな子供で、高熱や食中毒で障害が残る場合も。
誰でも、いつでも、どこでも、障害者になる可能性がある。障害とは決して他人事ではなく、自分のこととして、本気になって考えなくてはならない。


Ⅴ]「あいサポート運動」とは
あいサポート運動
 障害のある方が困っておられるのを気付いたら、手助けをしてあげて欲しい。障害のある方が暮らしやすい社会を皆で一緒につくっていこうという運動。
 平成21年、鳥取県で始まり、今、島根県、広島県、長野県、奈良県などで展開されている。障害のある方が困っている時などにちょっとした手助けをする意思があり、優しい思いやりの心があれば、小学生でもなれる。

*「あいサポーター」のバッジ
 手助けを必要とする人たちに見えるように付けてアピールをして欲しい。優しい社会をつくっていくための第一歩。


Ⅵ]手話の練習
 おはよう・こんにちは・こんばんは・ありがとう・すみません・お疲れ様
 さようなら・おやすみなさい・わかりました・わかりません


Ⅶ」まとめ
*「障害」とひとくくりにせず、その人を見てほしい。
*例えば「手話」も一つのツールでしかない。できなくても躊躇しないで。理解しようという気持ちが大切。
*障害についてそれぞれの特徴を知って、それに応じた関わり・手助けをしてほしい。
*点字ブロックを塞がないなど、直接的な支援以外の配慮も必要。

*****

会場の様子。 手話の練習などもあり、いつもと少し雰囲気の違うセミナーになりました。その後もみんなで障害に対する情報交換をしながら、朝の貴重なひと時を共に楽しく過ごしました。

 早朝にも関わらず大勢の方が参加されており、中にはこのセミナーのためだけに山口市からお越しの方もいらっしゃいました。
 皆さま、ありがとうございました。 
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ