「日本女性の会山口」光支部の発会②

 光支部の立ち上げに際し、以前から、「女性の会山口」のメンバーでもある元タカラジェンヌの、玉泉瑞穂さんにご講演をしていただきました。

 玉泉瑞穂さんは、光市光井の玉泉(ぎょくせん)寺の奥様。宝塚歌劇団でご活躍されていたころの名前は「大空希望(のぞみ)」さん。幼少期からのお話を楽しく聞かせてくださいました。

・「本当はバレエ団に入りたかった」。3歳から始めたクラシックバレエにのめり込んだ。しかし、中学3年のころ身長は既に170センチ。バレリーナの夢は諦めた。
 そのころ、友だちに連れられて宝塚の舞台を見た。歌、ダンス、ショー。すぐに宝塚の魅力に取り付かれた。そして「男役なら身長の高い私にもできる」。

・高校入学後、親の反対を押し切り、宝塚音楽学校の受験を決めた。2回目の受験で倍率21倍の難関を突破した。

・しかし、環境は予想をはるかに超えて厳しかった。身だしなみ、掃除、物音すら立てられない寮生活…。自由時間などなかった。それでも「歌が好き。舞台に立ちたい」の一心で、やめたいと思ったことは一度もなかった。

・2年間の音楽学校を卒業し、80年に初舞台。87年までの8年間、花組で舞台に立ち続けた。真矢みきさん、黒木瞳さんの1級先輩。
 
94年に結婚し光市へ。

 現在は、熱心に地域活動をされているとても気さくな方です。見上げるほどのスラーっとした体に、宝塚のユニフォーム、黒い帯、短めに着付けた青い袴、乙女結び、5枚こはぜの足袋に身を包んで、颯爽と登場されました。

 お話の中で、
厳しい規則の寮生活で学んだことは、お寺に嫁いだ今、とても役に立っている。特に、トイレや玄関の掃除は、いつどなたが来られてもいいように、と気を遣っている」     

一日一日を大切に生きること。その積み重ねが内面の美しさに繋がる
など、女性の会に一番大切な心をお話してくださいました。

 途中、「すみれの花の咲く頃」「翼をください」「Stand Alone(坂の上の雲 主題歌)」「愛あればこそ」など、何曲も素敵な歌声を聴かせてくださいました。

 光支部の益々の発展に大きな力を貸してくださることと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。


プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ