恒例の「花の会」を開催しました①

 8月24日・25日の両日、毎年恒例の「花の会」を開催しました。

 この日はなんと、台風15号が山口県を直撃。ニュースや天気予報と空を見上げながら、開催しようか中止しようかと、悩みに悩んだ2日間でした。

 しかし、ありがたいことに、24日のお客様には全く影響はなく、25日は午後1時頃には強風域を脱しましたので、2日間共に、盛会裡に終えることができました。

 花の会は後援会の女性だけの集まりであり、私の県政報告会も兼ねております。私になって14年目となりますし、夫の時から通算して数えると、24年目になります。そこで、来年は第25回を記念した花の会にしたいと考えています。

 懇親会の中のアトラクションとして、今回は、株式会社「カン喜」にお勤めの重田さん(34歳)と、指導者の伊達先生に来て頂き、マリンバとピアノの演奏をして頂きました。
(重田さんとの出会いはこちら・・・2013-10-18株式会社「カン喜」が創業40年をお迎えになられました。)

 重田さんは、自閉症と言う障害があります。19年前、マリンバの演奏を聴いた途端に、「これをやってみたい!」とご両親に言われたそうです。

 ご両親は「無理だろう・・・」と思いながらも、伊達先生の所に一緒に通い始められました。重田さんは、最初、一つの音を出せないどころか、マリンバの前に立つことすらできなかったそうですが、19年間休むことなく練習に通い続け、今では立派な、素晴らしいマリンバ奏者

 素敵な笑顔を添えて、堂々と「エーデルワイス」等、3曲を演奏されました。会場からは、
「何とも言えない優しい音色だね」
「今まで聞いた音楽の中で一番癒されました」
「すごい努力で、この日を迎えられたんだろうね」

と、大絶賛で、大きな拍手が送られました。

 カン喜の社長さんもお見えになっておりましたので、重田さんの日々の仕事についてご紹介をして頂きました。また、「彼は、本番には強いんですよ」と嬉しそうでした。ご両親もずっと傍で見守っておられましたが、いつの間にか、皆さん全員の目にうっすらと感動の涙が!

 大きな感動をくださった重田さんに感謝申し上げ、今後ますますのご活躍をお祈りいたします。 


つづく・・・
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ