ベトナム視察報告②

 2日目は新都市・ビンズン省を訪問しました。ビンズン省はホーチミンの北に隣接し、山口県の44%の面積の所に180万人の人が住んでおり、若くてとても元気の良い街です。国際空港からも、ホーチミンの港湾からも10―15キロという好立地にあり、全国で最も外資誘致を集める地方のひとつです。

 省内には数多くの工業団地があり、鉱工業生産高においては常に全国トップレベルを堅持しています。既に、日系企業66社が進出しています。

① 総合学習センター「寺小屋」
  山口県を中心に専門学校等を展開するYIC(山口キャリアデザイン)グループとベカメックス社の合併により、東部国際大学付属語学センターとして2013年に設立。
  幼児から上級までの日本語プログラムを行っている。
  この訪問に合わせ、設立2周年の記念セレモニーが開催された。
  日本語の他、算数や公文、習字などの教室もある。



② EIU(東部国際大学)の英語教育センター
  寺子屋と同じビルにある。
  ベカメックス社とEIUが共同で運営する英語教室。学生から社会人まで、広く学んでいる。

③ ベカメックス社
  1976年に設立された100%ビンズン省政府出資の有限会社。
  これまで、工業団地、住宅区、都市区、交通インフラを整備してきたデベロッパー。
  傘下に20社以上の子会社・関連会社を有し、病院や大学(EIU)も設置。
  代表はクエン・バン・フン会長兼社長

④ 東部国際大学(EIU)
  2011年開校・
  ビジネス学部、工学部、看護学部の3学部で学生数3700人。
  山口大学工学部から、英語の語学研修として昨年から学生9名を派遣。
  現在、県立大学も学生の語学研修先として検討中。
  EIUと山口大学では学術提携に向けて検討委員会を設置することで合意。
  今回の訪問団の大学訪問に合わせ、グエン・バン・フック学長と山口大学の三浦副学長による委員会設置の覚え書きの調印。
  
⑤ ビンズン省新都市
  ビンズン省の中心部に開発されている産・官・学・住・遊が融合した新都市
  開発面積は1,000ha(東京ドーム210個分)、人口12万人、雇用40万人を目指している。
  ビジネスパーク、金融センター、国際会議場、商業施設、総合病院、大学、新都市交通システム、高層マンション等が建設される予定。




⑥ ビンズン省人民委員会、人民議会との意見交換
  チャン・バン・ナム(人民委員会委員長)、ファム・バン・カン(人民議会会長)ほか
  村岡知事から、経済、教育などの分野において、両県省の発展につながる具体的な提案がなされた。
  *今年度中にベトナムへの海外展開に高い関心を示す県内企業がビンズン省を訪問し、工業団地の視察や交流の実現につながる情報交換を行う。
  *優れた技術や製品を有する県内企業とビンズン省企業との取引拡大に向けて協力していく。
      ビンズン省側から、県内企業の工業団地への進出等について協力していくことが提案された。
 


 今回の訪問を契機に築かれた信頼関係の上に、今後は、双方の発展につながる交流を目指して、具体的な協議を進めることになりました。

 私は今回初めてのベトナム訪問でしたが、多くの方々から温かい歓迎を受け、とても有意義な視察をすることができました。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ