海の日の記念行事②大洗高校マーチング部

 7月31日、茨城県大洗町の県立大洗高校マーチング部「blue-Hawks」の演奏会がキリンビバレッジ周南総合スポーツセンターのメインアリーナで開催され、2,600人の観客が集まりました。

 この演奏会は、20回目となる「海の日」を記念して、国や日本財団などが助成金を出し、全国で展開されている「海でつながるプロジェクト」の一環として行われたそうです。

 大洗高校マーチング部「blue-Hawks」は海外でも演奏している名門です。周南市鹿野出身の有国浄光さんが監督として指導・育成されたご縁から、以前にも山口県で演奏をされています。

 演奏の合間には、有国さんがユーモアたっぷりに説明をされました。
 ・生徒が3年間でどのように成長していくのか。
 ・前後左右の歩幅を62.5cm、8歩で5mを歩く練習を重ねる。
 ・部のルールは、「休まない!できるまでやめない!」  等。

 74人の部員の皆さんが、水戸黄門のマーチ、星条旗は永遠なり、007のテーマ、美空ひばりメドレーなど、多彩な曲目を演奏しながら、縦横斜めと、様々な隊形をとっていきます。青いセーラーシャツに白パンツで、キビキビとした動きと一糸乱れぬ見事なドリル演奏に、会場から大きな拍手が送られていました。

 大洗高校は、昭和49年に創立された県立高校で、普通科の他、定員40名の普通科音楽コースがあります。音楽コース全員が マーチング部に所属し、土日・祭日を中心に年90回以上の演奏活動を行っているそうです。

 9年前から全国公募しており、九州や 北海道からの入学者もあるそうです。県立高校において、特化したコースを持つということの好事例だと思いました。

プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ