長田海岸にトラフグの稚魚を放流

 去る7月18日、周南市の長田海岸で、徳山中央保育園の24名の園児、保護者40名の皆さんとご一緒にトラフグの稚魚2000匹を放流しました。

 これは「瀬戸内の海を美しくする会」主催の事業です。7月12日の大津島刈尾に続き、今年度2度目の海浜清掃・稚魚放流の予定でしたが、海岸がゴミひとつ無いきれいな状況のため、海浜清掃の方は中止としました。

 開会式において、私は会長として、いつものように園児の皆さんに、ゴミが環境に与える影響などを説明し、「絶対にゴミは捨てないでね」と話しました。

 この度は、台風11号が四国に上陸した直後であり、海面ゴミ回収のために清掃船「太華」が出動していましたので、長田海岸に回っていただき、子供たちに海面ゴミの回収デモンストレーションを見せてもらうことにしました。

 そこで、私は「本当は絶対に捨てちゃあダメなのよ!」と言いながら、子供たちの前で、ペットボトルを海に投げ捨てました。

 すると子供たちは口々に「あー!いけんー!」と大合唱。しかし、清掃船「太華」はそのペットボトルを海水と共に吸い込み、すばやくカゴに回収!

 子供たちは、その作業風景を見て「すごいねー!」と大喜びでしたし、保護者の皆さんも清掃船を見るのは初めてのようで、興味深そうに見ていらっしゃいました。


 その後、皆で手分けをしながらトラフグの稚魚放流をしました。

 子供たちは掌に乗せて、フグの赤ちゃんのおなかが膨らむ様子を楽しみながら
大きくなって帰っておいで~!
と海に放していました。

 今回は一風変わった活動となったこともあり、きっと、この子たちの記憶にいつまでも残る一日になったと思います。

 皆様、暑い中お疲れ様でした。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ