「瀬戸内の海を美しくする会」 とAQUA SOCIAL FES 2015


 7月25日、私が会長を仰せつかっている「瀬戸内の海を美しくする会」の主催事業として、大津島・馬島での海底清掃を行いました。

 昨年も大津島では自転車など多くの海底ゴミを回収しましたが、取りきれなかったため今年も継続しての実施です。

 「瀬戸内の海を美しくする会」は、県釣り団体協議会・県周南清港会・サンラインなどの企業・団体で構成しています。

 今回は、会のメンバーの他、徳山大学のラグビー部などの学生さん、企業の有志の皆さん、シーホース・アクアドルフィンなどからボランティアダイバーさん、一般の親子連れ等、計100人の皆さんが参加してくださり、作業に汗を流しました。

 今回の清掃活動は、トヨタ自動車の協賛をいただいて「AQUA SOCIAL FES 2015!!」の一環として行いました。これはトヨタが全国的に取り組んでいる水辺の参加型環境保全活動で、県内では今年2回目、周南市では初めての実施です。トヨタの販売店からも10数名の参加協力をいただきました。

 海底清掃は、11名のダイバーの皆さんが潜り、海底で見つけたゴミをロープでくくり、陸上で待ち構える参加者が力を合わせて引き揚げるというものです。大きいゴミはレッカーで吊り上げます。
 
 2時間の活動で自転車やテレビのブラウン管、防舷材など約6トンのゴミが集まり、県の清掃船「太華」に積み込みました。




 途中、潮の流れが変わり、海面にゴミが溜まってきたので、実際に清掃船「太華」を稼働させ、どのように海面ゴミを回収するのか、船の仕組を説明しながら見ていただきました。木くずなどが次々と船に飲み込まれていく様子を、皆さんは感心しながら見らおられました。


 午前中の作業が終わり、ふれあいセンターでの昼食後、パワーポイントを使って、「瀬戸内の海を美しくする会」の活動報告をしました。

 その後、参加者の皆さんと、今回の清掃活動を通しての意見交換を行いましたが、多くの方から次回も協力したいとの発言をいただき、とても嬉しく思いました。

 また、今回初めて、徳山海上保安部から3名の方が参加してくださり、「次回は海猿も参加しますよ」という力強いお言葉もいただき、感激しました。
 
***

 大津島は人間魚雷・回天の発着場・訓練基地があります。折角の機会なので市のボランティアガイドの水井さんに同行していただき、島に渡るチャーター船の中で、回天についての説明をして頂きました。

 さらに、開会式の私の挨拶の中でも、今年は戦後70年の年であること、回天のことなどもしっかりと知っていて欲しいということをお話ししました。

 その後、回天記念館の周辺の草刈り・清掃も行いましたし、記念館の見学もさせていただきました。大学生の中には、大津島も回天記念館も初めてという方もおられ、沈痛な面持ちで見学をされていました。貴重な体験となったと思います。

***

 多くの皆さんの協力をいただいたことに感謝しながら、改めて、このきれいな海を次世代にしっかりと繋げていかなくてはと思った一日でした。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ