周南倫理法人会 モーニングセミナー黒神直大さん

黒神宮司さんのお話 先日遠石八幡宮の宮司に就任された黒神直大さんから、7月23日の周南倫理法人会モーニングセミナーで、「憲法改正で日本創生」についてのお話を伺いました。

日本国憲法はどんな憲法?
 ・占領下で押しつけられた、GHQの手により1週間で作成されたもの。 
 ・日本の国柄がない、世界最古の時代遅れの憲法である
憲法改正ってなんのためにするの?
 ・今の時代にあう、日本の国柄を表す憲法にするため。
 ・国民の命と世界の平和を守れるようにするため。
なぜ今憲法改正をするの?
 ・アメリカの方針変化。
 ・中国の軍事的脅威の拡大。
 ・安倍総理の政治信念 ―法の支配による平和維持
憲法のどこを改正するの?
⑤ 「9条を改正したら戦争になる」というのはウソ
 ・抑止力は伝家の宝刀
日本国民による 日本国民のための憲法改正を実現しよう

 こうした内容について、中学校の公民の教科書を使って、丁寧にお話をされました。

 出席された多くの会員さんの中には、憲法改正について初めて聞かれるという方も多く、頷かれながら、一生懸命に耳を傾けておられました。

 私も、改めて教科書を読み直し、憲法改正の必要性を改めて感じました。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ