「美しい日本の憲法をつくる県民の会」の設立総会

 「美しい日本の憲法をつくる県民の会」の設立総会が7月4日、山口市のホテルで開催され、県内から約500人の出席がありました。

 この会は、ジャーナリストの櫻井よし子氏らが共同代表を務める「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の山口県組織として、全国で25番目に設立されました。

 会長は、衆議院議員岸信夫先生(日本会議山口の会長)。副会長は、自民党県連会長の柳居俊学県議。顧問は、県選出の自民党国会議員6名(安倍総理、高村副総裁、河村衆議院議員、江島参議院議員、北村参議院議員、古田衆議院議員)と、畑原基成県議会議長です。

 岸会長は大会で
我が国周辺の安全保障環境は急変し、国家の存続や国の安泰が危機に瀕していると言っても過言ではない。
 日本人自らの手で国柄にふさわしい憲法に改め、世界に誇れる美しい日本を子供たちに引き継いでいこう
。」
とご挨拶されました。

 来年夏の参院選では、憲法改正の是非を問う国民投票が実施される予定だそうです。そこで、10万人を目標に署名活動を展開する活動方針が決定されました。


 その後、大相撲解説者の舞の海秀平氏による記念講演がありました。

 「可能性への挑戦」と言うタイトルで、現役時代の相撲の裏話など、とても楽しいお話をしてくださいました。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ