滝平二郎展開会式

 周南市美術博物館の開館20周年を記念して、切り絵作家・滝平(たきだいら)二郎さん(大正10年、茨城県生まれ、平成21年ご逝去)の作品展が始まりました。

12日には滝平さんの長男で、イラストレーターの滝平加根(かね)さんを迎えて開会式が開催され、私も出席いたしました。

 滝平二郎さんは、昭和44年から10年間、朝日新聞の日曜版に連載されていた切り絵で有名な方です。また子供たちが大好きな絵本「もちもちの木」や「花さき山」の切り絵でもよく知られています。

 木版画家としてもご活躍され、今回の作品展では、絵本になった切り絵の原画や下絵、木版画など198点の切り絵などの作品が展示されています。

 誰もが懐かしく思う日本のふるさとを表現したものが多く、懐かしさや温かさ、力強さ、悲壮感などを感じながら、木版画と切り絵の一点一点拝見させていただきました。

 7月26日までの開催です。ぜひ皆様ご覧ください。

 周南市美術博物館 ホームページ





***

 また、その会場で、山口県在住で活躍されている切り絵作家の方にお会いしました。三坂さんと言われる87歳のとてもお元気な方です。

 滝平さんの新聞の連載をご覧になって、独自で勉強を始められたそうですが、その作品が認められ、郵政省のカレンダーを作っておられます。ここ数年間のカレンダーを見せていただきましたが、カッター1本で日常の生活や自然を見事に表現した素晴らしい作品でした。

山口県から全国へ切り絵文化を発信されている方が、身近にいらっしゃることを初めて知り、驚くと共に、とても誇りに思いました。

 山口県には、他にも切り絵作家の方がいらっしゃるそうです。ご活躍を祈っております。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ