ミニバスの第14回藤井真杯大会が開催されました

 去る23日、周南市ミニバススポーツ少年団の春季交歓会、ならびに第14回藤井真杯大会が開催されました。役員の皆様が、こうして夫の名前をいつまでも残してくださいますことに、心から感謝しています。

私は来賓としてご案内を受け、挨拶の場をいただきましたので、全国の体力テスト学力テストの結果についてお話しました。
・体力テストの成績が良い県は、体育の授業以外で、スポ少やクラブなどで、毎日1時間以上、スポーツをしている子どもが多い。
・スポーツをしている子供たちは、疲れているので、夜、勉強をしたら早く寝る
・早く寝ると、朝早く起きることができ、ゆっくり朝ご飯を食べることが出来る。
・朝ごはんを食べると、脳への血流が増えるので、授業の内容も良く理解でき、成績が上がる。
早寝、早起き、朝ごはん、運動、勉強の良い循環を作っていくことが大切
・皆さんには無限の可能性がある。何事にも全力で立ち向かっていただきたいと思うので、そのためにも、今一度、毎日の生活を振り返ってみて欲しい。
・家族の方には、子供たちがこの基本的生活習慣を身に付けることができるよう、 お願いしたい。

 その後、私の地元の櫛浜・久米チームと岐山チームの試合を観戦しました。小学生と言え、背も高く、また、素晴らしい技術を持っている子供さんもたくさんいて驚きます。逆に、まだ入ったばかりの1-2年生の子供は身長も低く、掌よりもはるかに大きなバスケットボールをうまく扱うことができない子供もいます。

 以前は、各学年10名ずつ選手がいたそうですが、今はチーム全体で10名余りのところが多く、選手の確保にどのチームも苦労されており、そのために興味のある子がいれば、低学年から入部させているようです。

 試合は6分のクォーター制。10人以上選手として出場しないといけませんので、登録選手数が少ないチームは、技術がなくても低学年の子供を出場させなくてはならず、とても大変な様子です。

 選手が少なくなった原因として、少子化の影響もあげられますが、同時に、共働き家庭が増え、練習や試合の送迎が困難なためにスポ少に入れることができない家庭も多くなったそうです。
 おじいちゃんやおばあちゃんが近くに住んでいらっしゃれば、その力をお借りすることもできるでしょうが、核家族では難しいのでしょう。

 しかし、子供の成長には、スポーツをすることは体力をつけるためにも、また、仲間づくりや、社会のルールを知る上でも、必要な事だと思いますので、できるだけ、その機会を作ってあげて欲しいと願います。

<結果表>
トーナメント表















プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ