FC2ブログ

「日韓海峡海岸漂着ごみ一斉清掃・第8回ビーチクリーン&フェスタ」

 去る5月17日、日韓8県市道の共同交流事業の一つ、「日韓海峡海岸漂着ごみ一斉清掃」の「第8回ビーチクリーン&フェスタ」が、長門市油谷向津具(むかつく)の大浦海岸で実施されました。

 県内外から約1000人のボランティアが集まり、漂着ゴミ約3、4トンを拾い集めました。主催は、山口県・長門市・長門市海岸清掃の日実行委員会・母なる海を守る会の皆さんです。

 私も、「瀬戸内の海を美しくする会」のメンバー4人で参加しました。

 大浦漁港で開催された開会式には、安倍総理の奥様昭恵さん、村岡嗣政県知事、大西倉雄長門市長、笠本俊也県議などが出席されていました。

 開会式の後、参加者は大浦海岸まで移動し、1、5キロに渡る海岸線に漂着した漁具やペットボトルなどを回収しました。ハングル文字が記載されたいろいろなものが流れ着いていました。

 私たち「瀬戸内の海を美しくする会」のメンバーは広い大浦漁港内で、ダイバーグル―プの人たち9名と一緒に、ダイバーが海底から引き揚げたゴミを船や岸壁から回収する作業をしました。

 村岡知事も、大浦海岸の作業を終えて漁協に帰られるとすぐに、岸壁に腹ばいになりながら、ダイバーの手からゴミを受け取り、引き揚げる作業を手伝ってくださいました。

 最後に、きれいになった大浦漁港にヒラメの稚魚500匹を放流しましたが、子供たちに混じって安倍昭恵さんもバケツを手に岸壁に並んでいらっしゃいました。

 私が船から「昭恵さ~ん!」と大きな声で呼ぶと、船の上のダイバーの皆さんに向かって
海がきれいになりましたね~!
と声を掛けながら、笑顔で手を振ってくださったので、ダンバーの皆さんは「苦労が報われた」とニッコリ!
  
 昭恵さんは、ダイビングの趣味をお持ちで、「次回は一緒に潜りたい」とおっしゃられましたので、「楽しみにしていますね」と申し上げました。

 その後、棚田のお米の美味しいおにぎりをいただきました。まぐろの解体ショーや屋台での食べ物販売、お楽しみ抽選会なども企画されており、元気な大浦青年団の方々の応援が頼もしく感じられるとても楽しい一日でした。

 尚、一昨年に引き続き、今回もダイバーの酸素ボンベ代は、「瀬戸内の海を美しくする会」から助成しました。ダイバーの皆さんとは初対面でしたが、すぐに仲良くなり、瀬戸内の海底清掃の話をし、次回はぜひ応援に来て欲しいとお願いをしました。

 車で往復3時間、結構疲れましたが、楽しく清掃活動をする事の大切さを感じた一日でした。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ