友人のお譲さんの結婚式に出席して

 友人のお嬢さんの結婚式にご招待を受け、私は、お嬢さんのこともよく存じ上げていますので、喜んで出席させていただきました。

 お母様の愛情をいっぱいに受けて育てられた新婦さんは、優しくて、明るくて、そして、人に尽くすことをいとわない、誰からも愛される笑顔の素敵な頑張り屋の助産師さんです。

 彼女は、結婚を機に、総合病院の産科での仕事を辞め、1月からは住まいに近い病院でパートの助産師さんとして働いておられます。結婚式には、元の職場の先輩が多数来られていました。

 とてもきれいな花嫁さんを見ながら、皆さんは、
将来は、うちの病院を背負って立つ人になると期待していたのに・・・
「全てを任せられるようになったのに・・・」
と口々に言われていました。その言葉は、まるで私の娘に言ってくださったかのような気持ちになり、とても嬉しく思いました。

 新しい生命が誕生するには、母親が命がけで出産しなくてはなりませんが、それを傍で支え、手助けされる助産師さんには、大きな社会的責任が課せられています。

 助産師さんの両手から、新しい命が誕生すると言っても過言ではありません。また、助産師の仕事は、出産に関わるという限定したものではなく、女性の一生に寄り添い、女性の心と身体のケアをする仕事です。

 例えば思春期の今から子供を産んでいく女性に向けて、命の教育が的確にできるのも助産師さんだと思います。

 医療界には男性の看護師さんが増えていますが、助産師に関しては女性であることが限定されているようです。それも、このあたりの繊細な感覚が必要だからかもしれません。

 「助産師さんの働く環境はとても過酷であり、自分の体調管理だけで精一杯の時もありますので、新郎は充分ご理解していただき、どんな時も、新婦を守って、幸せにしていただきたい」と、挨拶の中でお願いをしました。

 新郎新婦には助け合って、笑顔いっぱいの幸せな家庭を築いて欲しいと願っています。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ