共楽保育園新園舎落成式②

 完成した新園舎は、当初の予定よりは少しコンパクトになりましたが、太陽の光が、さんさんと降り注ぐ明るい保育室、爽やかな風が吹き抜けるウッドデッキ、床暖房、衣類やおむつのパススルーロッカーなど、細やかな配慮がなされた、充実した素晴らしいものとなりました。

 共楽保育園の定員は100名。生後2ヶ月から5歳までの乳幼児を保育されています。
 
 新園舎の特筆すべきことは、「子供の成長のためには必要ない」という方針から、園内にテレビが設置されていないことです。

 また、積み木や絵本などの知育玩具に、重点が置かれ、量的にも内容的にも充実しています。

 更に、保護者の方々が安心して子供を預けられるよう、特別保育として、休日保育、延長保育、障害児保育、一時預かりなどのサービスを提供しておられます。

 また、隣接の東福祉館の学童保育と連携し、卒園児を学童保育後に預かる取り組みもしておられますので、夕方暗くなる前に、ランドセルを背負った児童が
「ただいま~!」
と、共楽保育園に異動してきます。

 それぞれの園児の成長や発達にあわせた幼児教育を行うためだけでなく、児童までを含めた最適な環境が整えられたと思います。

 次の時代を担う宝である子供たちが、将来、立派に社会の役に立てる大人に成長できるよう、しっかりと支え続けていただきたいと思っています。

 また、共楽園は、この共楽保育園と、共楽養育園、ポケット、支援センターの四つの施設で構成されていますが、全部合わせてひとつの大きな家族です。

 新園舎の完成を契機に、これからも、温かく優しい心がいっぱい詰まった共楽園を作りあげていただきたいと願っています

***共楽保育園の沿革***
 大正13年、河野諦円師が常設託児所を創設。
 昭和23年、児童福祉施設として認可され、運営。
 昭和45年、社会福祉法人共楽園に吸収合併された。

***休日保育***
 市内の保育園の中で、特別保育の休日保育をしているのは、すみれ保育園と共楽保育園だけです。
2014-03-13すみれ保育園の発表会を見学して① 
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ