「第20回ツルへの年賀状コンクール」の表彰式

 去る2月8日、「第20回ツルへの年賀状コンクール」の表彰式が周南市熊毛総合支所の「夢プラザ熊毛」で開催され、主催者の「ナベヅル環境保護協会」のメンバーである私も来賓としてご案内を受け、出席しました。

 会場には受賞された方々の作品が展示されていました。

 最優秀賞の角田さんの作品には、ふわふわと浮く雲と、今年の干支である羊、6羽のツル、八代の里の光景が描かれていました。羊の上には小さな十二支と作者が描かれており、思わず顔が緩みます。

 いつも感じることですが、温かい心のこもった年賀状は見ていると、まるで、自分がツルになって、自分がもらったような不思議な気持ちになります。

 県議になった12年前から、私はこの会に御縁を頂いていますが、技術的にもその頃より数段レベルアップし、本当に素晴らしい年賀状ばかりです。審査員の皆さんも甲乙つけがたい作品なので、「賞」を決めることに悩まれたのではないかと思います。

 私は今年も挨拶の場を頂きましたので、次のように申し上げました。

***

 『ツルは環境のバロメータになる生き物』と言われる。
 ツルは自然の中で生活するが、自然は、農業や林業などを通して人間が守っていなければ、すぐに失われてしまう。
 自然がなくなると、ツルは生きて行くことができない。同時に、人間も住みづらくなる
 このことに気付かれた八代地区では、田んぼで餌をついばむツルのために、農薬をできるだけ使わずにお米を作っておられる。
 ツルも喜んでいると思うが、農薬を使わないお米は、人間にとっても嬉しいことだ。
 また、農薬を使わなくなると、ホタルなどの生き物が増えた。
 『ツルやホタルが住む環境』は、我々人間にとっても、健康的な生活ができる住みやすい自然環境だ。
 『ツルと人との共生の里』と言われる由縁だ。これからもツルをたからものとして、みんなで守っていこう!

***

 受賞者の皆さんは、幼児から高齢の方まで、実に幅広い年代の方々。
「60年前に八代の里を訪れた時の記憶を思い出しながら書きました」
「家族みんなで書きました」
など、いろいろなお話を聞かせて頂き、皆さんの「ツルに対する熱い想い」をとても嬉しく思いました。

 今年の秋も、また、1羽でも多くのツルが舞い戻って来てくれることを、みんなで祈りたいと思います。 
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ