「エネルギア・ドリームコンサート」を楽しみました

ちらしより 12月26日、周南市文化会館において、中国電力株式会社主催の「エネルギア・ドリームコンサート」が開催されました。

 現在、様々な音楽活動で活躍中の藤野浩一氏の指揮による、中四国唯一の常設プロオーケストラである「広島交響楽団」の演奏を、会場いっぱいのお客様と一緒に楽しみました。聞くところによると、人気が高く希望者が多かったため、抽選となったそうです。

 コンサートは、指揮・編曲の藤野浩一氏が自らマイクを持ち、曲と曲との間のMCをされました。ユーモアに富んだ軽妙洒脱なお話で、観客と、オーケストラの心の距離をぐっと縮め、会場全体に一体感が生まれました。

 ミュージカル映画音楽や、1970年代を中心とした国内外のポップスやヒット曲の演奏が続く中、途中、一つずつ楽器紹介が行われましたが、楽団員の方々が、楽器ごとにユニークなパフォーマンスをされたことも、とても楽しい一コマでした。

 また、オーケストラの指揮をするという、普段はできないビッグな体験コーナーもありました。
「やってみたい人?」という問いかけに、会場の観客の中で、自ら名乗りを挙げた小学生の男女1名ずつと成人男性1名がステージに上がり、藤野氏の指導を受けた後、指揮棒を振られました。

 2人の小学生は、実に堂々とした態度でオーケストラを指揮し、素敵な演奏を聴かせてくれました。曲の「始め・締め」のタイミングも上手で、会場から大きな拍手を送られました。この子たちは、ずっとこの感動を忘れることができないと思います。将来、音楽に触れる仕事につかれるかもしれませんね。

 また、もう一人の成人男性がお名前を言われた時はビックリ!演奏会に一緒に行っていた次女の小学校の時の担任、徳田修二先生でした!

 徳田先生は、当時、櫛浜小学校の金管バンドの顧問をされておりました。現在、バイオリニストとしても活躍されている方です。その音楽技術を活かし、全身で指揮棒をふり、会場中を沸かせてくださいました。

 いつものオーケストラのコンサートではなかなか見られないような、明るい笑い声と拍手に満ちた、充実した演奏会でした。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ