キャンドルナイトで「雅楽」を楽しみました①

袈裟を纏っての演奏。素敵な空間でした。 12月22日は1年で最も昼が短い日、冬至。

 私の地元、櫛浜では、婦人会やコミュニティの役員の皆さんが、12年前から夏至と冬至の日に、「キャンドルナイト」を開催してくださっています。

 電気を消し、キャンドルの柔らかい光の下で、毎回、アイデアに溢れた企画の音楽を楽しみながらゆったりした夜を過ごします。

 今回は、「雅楽」。

 「生演奏は初めて聴く」という人も多く、会場の櫛浜コミュニティセンター集会室には、身動きできないくらいの人が集まられました。

 演奏者は「山口雅楽会」の皆さん。山口雅楽会は会員55名で、浄土真宗の僧侶の皆さんで構成されているそうです。今回は、宇部・山口・岩国・周南市から8名の方がお越しくださいました。第一部は手首にお数珠を掛け、僧侶のいでたちで「越天楽(えてんらく)」などを演奏されました。

 雅楽の歴史や楽器などについて、会場の小さな子供さんも含め皆さんが興味を持つように、わかりやすく説明してくださいました。とても、面白いお話ばかり!

 第二部は狩衣(かりぎぬ)に衣装替えをしての演奏。


つづく・・・
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ