周南市視覚障害者福祉協会の忘年会に出席して

 視覚障害者福祉協会の今年1年の反省会と、会員の親睦を深めるための忘年会にご案内をいただき、出席させていただきました。

 視覚に障害があると、生活をするのに、本当に大変なことばかりだろうと想像してしますが、皆さんは明るく元気に暮らしておられます。

 毎年、フォークダンスの発表会とこの忘年会は同じ日に行われますので、いつもフォークダンスを早めに失礼し、途中で着替えをして、反省会・忘年会に駆け付けます。

 今年は、女性の皆さんだけにでも触って見て頂こうと思い、フォークダンスのコスチューム姿で会場に入り、挨拶の中で、このことを皆さんにお話しました。

 その後、一人ずつの肩に手を置き、「お元気でしたか?」と、言葉をかけて歩いたのですが、女性の皆さんからは、
「見せて、見せて!お弁当食べないで待っていたのよ。手を汚したらいけんからね」
「えー、スカートはこんなにふんわりしているの?」
「わー、ブラウスはフリルがいっぱい!」
「ベストは、柔らかい生地なんだね?!何色なの?」

と、全身触られながら、質問攻めです!

 「ブラウスは白でね、スカートは緑に赤と黒が入ってるのよ。ベストは緑よ」
と答えた後、「この方は色がわかるのかな?」と思い、私から質問しました。

 「何歳までか、視力があったのですか?」
 「子供の頃は少し見えていました」
 「緑色ってわかりますか?」
 「いいえ、もう忘れました


 「忘れました」という言葉を聞いて、私は改めて、「視力がない、色がない、光がない」という事の辛さが、どんなに大きいものかを思い知らされた気がしました。

 でも、皆さんの心には違う「目」があるのでしょう。バッグの中身もとても整頓されていますし、服装の乱れもありません。感心することばかりです。

 今回もいろいろな勉強をさせて頂きました。皆さんありがとうございました!
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ