「しゅうなん元気もの交流フェスタ」に参加して

べんけい号のコーナーにて。ちょるると一緒に。 11月16日、「しゅうなん元気もの交流フェスタ」が、山口県周南総合庁舎さくらホールで開催されました。

 これは、周南地域(周南・下松・光)市民活動団体の交流会で、今年で第9回目を迎えます。オープニングセレモニーの後、活動発表やパネル展示、体験教室、バザーなどがありました。この中で、私が関心を持って、お話を聞かせて頂いたものを紹介します。

国際医療協力山口の会「IMAYA」・・・
 途上国の医療のレベルアップを目的とし、医療機器の配備や人材育成の支援を行う会。
 ブースでは、ベトナムの子供たちへ、補聴器を送る活動を紹介されていました。
 ベトナムでは、風疹ワクチンの接種制度が確立されておらず、風疹の流行により「難聴」というハンディキャップを持った子供たちがたくさんいます
 現在、日本で使われなくなった補聴器を集め、現地へ送られています
 ベトナムでは腕のよい修理屋さんがたくさんいるそうで、修理された補聴器は子供たちに無償で配られているそうです。

おもちゃ工場にて。修理の様子。NPO法人山口県アクティブシニア協会・・・
1)周南おもちゃ病院・・・
 子供たちが持参した、壊れたおもちゃをひとつずつ丁寧に修理されていました。
 定年後の余暇を利用し、子供たちに、物を大切にする心を教えてくださっている方々です。
 分解をし、工具を使って丁寧に点検をしながら直されています。無事、修理され、おもちゃが動き始めた時の子供たちの嬉しそうな歓声と笑顔が印象的でした。
 白衣を着たおもちゃ病院の皆さんの顔もほころんでいました。

 これまでに、約10名のメンバーで4200個のおもちゃを直してこられたそうです。時には、長期間預かり、部品を注文して直すこともあるそうです。この場合は実費ですが、他は無償です。

2)「愛SA幸せエンジェル」・・・
 結婚相手を紹介するサービス。
 入会資格は、男性25歳以上、女性20歳以上で、結婚の意志がある人。
 会費は年10,000円、成婚時は男女各30,000円。
 確かな身元保証と、顔の見えるスタッフでお世話をされており、これまでに何組ものカップルが成立したそうです。

チャイルドハウス「ひなたぼっこ」・・・
 障害がある子供や友達と交わるのが難しい子、また、子育てに悩んでいるお母さんがほっとできる場を提供されている。

 この他にもたくさんの市民活動をされている方たちのブースがあり、とても心強く、嬉しくなりました。また、外では焼き芋コーナーもあり、多くの市民が列を作って買い求めていました。皆さんお疲れ様でした。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ