翔北中学校での作品展①YICキャリアデザイン専門学校

ろうかにまで作品がずらり。 11月8日、周南市長穂の翔北中学校(休校中)で、市内のYICキャリアデザイン専門学校の学生と、障害福祉サービス事業所「周南あけぼの園」の利用者の作品展が行われ、見学に行ってきました。

 校舎1階、2階の教室や廊下には、1000点を越える多くの作品が並んでおり、YICの貞廣先生の説明をお聞きながら、拝見しました。
 YICでは、行政とのタイアップも多く手掛けておられ、学生がデザインした徳山動物園や道の駅「ソレーネ周南」のPRポスター、大道理地区の地域交流拠点施設「夢求の里」でつくられるお弁当のパッケージデザインなどの展示もされていました。

 どのブースを見ても、創造性に満ちたすばらしい作品ばかり。若いエネルギーに、とても大きな刺激をうけました

 マンガ教室も開催 また、卒業生で、プロとして活躍されているイラストレータや漫画家、デザイナーなどの似顔絵描きや漫画教室なども開催されていました。芸術という「ものづくり」に真摯に取り組んでおられる学生さんや卒業生の皆さんの姿に感動しました。

 翔北中学校は、平成13 年に長穂中と向道中が統合され、新しく建築された中学校ですが、生徒数の減少により、平成24 年度から休校しています。

 今回、久し振りに校舎に入りましたが、校内全体に若者の明るい笑い声が溢れ、学校も息を吹き返しているように感じました。

 貞廣先生は
今後も、この学校をYICのアトリエとして使いたい。長穂に住んで、農業の6次産業化のお手伝いをしたい。東京で活躍しているデザイナーや漫画家などは、山口に集まってきて、長穂から東京や世界へ発信をしていく人になってほしい。

「長穂の街は過疎化しているが、若者がここで活動することによって活性化することは間違いない。」
と大きな夢を語ってくださいました。私は、この話をお聞きし、ワクワクしました。夢が実現する日が来ることに大きな期待をしています。


つづく・・・
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ