9月定例県議会代表質問⑤少子化対策について

<村岡知事 答弁>

 急速な少子化の進行は、地域活力の低下はもとより、社会保障制度の持続等にも大きく影響を及ぼすことから、少子化対策を強化することが極めて重要と考えています。

 このため、私は、現在策定中の「チャレンジプラン」の突破プロジェクトに「子育てしやすい環境づくり」を掲げ、社会全体で子どもや子育てを支える「みんなで子育て応援山口県」の推進、「妊娠・出産・健やかな成長のための保健医療サービスの充実」、子どもの安全確保、健全育成を図る「子どもを守る取組の推進」を重点施策として位置づけ、少子化対策に積極的に取り組むこととしています。

 具体的には、全県的組織として新たに設立した「やまぐち子育て連盟」を中心に企業、関係団体等と連携しながら、結婚から、妊娠・出産、子育てまで切れ目ない支援を強化することとしています。
まず、お尋ねの「結婚に対する支援」につきましては、独身の男女に新たな出会いの場を創出するとともに、結婚に向けた相談・仲介等を行う婚活サポーターの養成により、地域・企業ぐるみの支援体制の構築を図るなど、新たな取り組みを進めてまいります。

 次に、「安心して子どもを生み育てられる環境の整備」については、子育て家庭の多様なニーズに対応するため、事業の実施主体である市町と連携しながら、保育施設や放課後児童クラブ、地域子育て支援拠点等の整備・充実を計画的に進め、これに併せて、新たに子育て支援員を養成するなど人材の確保に努めるとともに、企業等を巻き込んだ多子世帯への支援を充実するなど子育て家庭の経済的負担の軽減を図ってまいります。

 また、複雑・多様化する相談に対応するため、児童相談体制を充実・強化するとともに、産科医・小児科医の確保等による周産期・小児医療体制の充実や不妊治療費助成等による不妊治療に対する支援の充実を図ってまいります。

 私は、県議会の「人口減少・地域活力維持対策特別委員会」の審議も踏まえ、市町や企業、関係団体と連携し、若い世代が希望を叶え、安心して結婚し、妊娠・出産、子育てをすることができる山口県の実現に向けて、子育て連盟のキャプテンとして、私自ら先頭に立って、少子化対策に全力で取り組んでまいります。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ