家庭教育の重要性について

講師の丸山先生 去る9月19日、家庭教育「スマイルアップセミナー」の勉強会に参加してきました。この勉強会はシリーズで開催されており今回が5回目です。私はこれまで日程があわず、初の参加です。

 会場には若いお母さん方がいっぱい!小さな子供さん連れの人もいらっしゃいます。ちょうど、私の娘や孫たちと一緒の世代です。

 講師は、東京家庭教育研究所講師の丸山貴代先生(元同研究所の所長)。国内はもとより海外でも活動されていらっしゃる方です。

 「尊い命を育むには・・・中高校生期と親の生き方」という内容でお話してくださいました。
我が子の叫びに耳を傾ける
 ・「命の尊さ」を伝えたい
 ・親が感謝の心を忘れずに生きる

心を健全に育てる
 ・自尊心が芽生える・・・人生第二の誕生期(自己確立)
 ・心が二重構造になっていることを知るべき

親として生きるには
 ・家の習わし・家風を守り伝える重要性
 ・世のため、人のために役にたつ人間になって欲しいと願う
 ・子供の心の安定を支える

 心に染み渡る素敵なご講演でした。

 私自身も、また、我が家の3人の子供たちも、中高生の頃、何が不満なのかわからない程、心が不安定な時期がありました。その姿を思い出しながらお話を聞きました。

おいしい手作りの昼食 また、お昼にはおいしいご飯を用意してくださいました。

 皆さんが愛情込めて作ってくださいました。みんな手作りです。

 やはり、家庭に大切なのは食事ですね、と話し合いました。



 私は今、かわいい盛りの0歳から4歳までの4人の孫の成長を見せてもらっています。

 自分の子どもを育てる時には、運動する事、勉強する事など、何でもできて当たり前と思っていました。ところが孫ができて初めて、生まれてきてくれたこと、耳が聞こえること、目が見えること、お座りができること、ハイハイができること、歩くことができること、話ができること、自分でご飯が食べられること・・・など、当たり前と思っていたことがありがたく、不思議なくらい感謝の気持ちでいっぱいになります。

 抱っこをすると、愛おしくて、涙が出るくらい嬉しくなります。しかし、母親として自分の子供を抱いている時には、「早く大きくなって欲しい」、としか思わなかったような気がします。

 むしろ家庭教育の重要性を気づくのは、孫ができてからではないだろうかと思います。

 その感覚を持った人たちは、ぜひ、声に出して、家庭教育の充実に向け、発信していただきたいと願います。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ