徳山駅周辺がかわりました④駅での出会い

 徳山駅の南北自由通路が完成し、記念式典が開催された朝、まさに、駅はいろいろな人が集い、さまざまな人との出会いが生まれるところだと改めて思いました。

人ごみの中から「藤井さん!」と声をかけてくださった男性
 彼は、夫が生存中、県議として徳山駅の再開発の計画に取り組んでいた時、一緒に新駅ビルの絵を描いておられたJRの関係者です。
あれから何年経ったのでしょう・・・?ご主人が生きていらっしゃったら、どんなに喜ばれたことでしょう!
と、式典の前に、会社の社長さんとも一緒にお話をする機会をいただきました。

吉木さん、江口さんと一緒に。映画「幻肢げんし」の主人公・吉木遼さんと、元KRY山口放送の江口さんとの再会。
 江口さんは夫が若い頃からの友人です。

 吉木遼さんは、江口さんの亡くなられた奥様の甥っ子さん。このたび、島田荘司原作の映画『幻肢』に初出演。

 物語は、恋人とのドライブ中に事故を起こし重症を負い、記憶を失った主人公に、忘れてしまった“恋の想い出”を特殊な治療法でよみがえらせようとする物語をサスペンスたっぷりに描いたものだそうです。

 幻肢(げんし)とは、事故や病気が原因で手や足を失ったり、生まれながらにして持たない患者が、存在しない手足が依然そこに存在するかのように感じることです。

 幻肢をもつ患者はしばしばそれを意図的に動かすことができ、 逆にそれが動かせない場合、その幻の部位に非常に強い痛みを感じることがあり、それを 幻肢痛(げんしつう)というそうです。

 秋に全国で公開されますので、今、全力でPRしておられるところです。下松市のムービックス周南でも、11月8日から公開予定だそうです。ぜひ、観に行ってくださいね。


 これからもこの新しくなった徳山駅で、いろいろな人が出会いや別れを繰り返していくことでしょう。

 街や人の核として、徳山駅が益々活用されることを期待しています。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ