徳山夏まつり神輿渡御

 7月26日、第41回徳山夏まつりが開催されました。

 この夏まつりの中で、遠石八幡宮が神事をされ、お神輿を男性陣が平和大橋から八正寺の方まで担いでいかれる「神輿渡御」や巫女舞の奉納が行われます。

 巫女舞を行う巫女さんは、毎年、地元の小学生~高校生を公募されているそうです。

事前練習。 今年は、禰宜の黒神さんや権禰宜の佐伯さんがもともとボーイスカウトをされていたことから、
ガールスカウトを応援したい!
というありがたいお声かけをしていただき、ガールスカウト山口県第3団のスカウト6名が参加させていただきました。

 事前に舞の練習をし、美しい礼の仕方や所作を巫女長さんや権禰宜さんから教えていただき、本番に臨みます。

 当日には、黒神禰宜さんより子供たちへ
「皆さんには今から神のお使いとして、舞を奉納していただきます。どうか、『徳山の街がもっと元気になりますように、徳山のみんなが、元気に一年を過ごせますように』という気持ちを込めて踊ってくださいね』
という説明があり、子供たちも神妙な顔で聞いていました。

巫女舞の本番。 夏祭りも佳境を迎えた20時半ごろ、巫女装束に身を包み、徳山の街を神官の皆さんやお神輿と共に歩き、本部のある八正寺の交差点で巫女舞を奉納しました。

 日本の伝統文化や神道に触れ、子供たちには大変貴重な体験になったと思います。

 黒神さんをはじめ、遠石八幡宮の皆さまに感謝いたします。


※ 今回、私は同行できなかったので、ガールスカウトのリーダーとして引率した次女に話を聞いて書きました。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ