県立大学で講師をさせて頂きました

今年もお話をさせていただきました。 7月14日、山口県立大学で、市民公開講座「医学シリーズ」の講師をさせて頂きました。今年でこの講義は8回目になります。


タイトル:「求められる医療人とは
内  容:看護師勤務や、夫・家族の看取りの経験を活かした「命を守る」ための県議の活動を通し、医療人に求められる姿勢、心のあり方を考える





***内容概略*****

①はじめに-最近、日本人の心が壊れていると感じた体験 
②自己紹介
 1)看護師の経験
 2)出産・子育ての経験
 3)家族6人の自宅介護・看取りの経験
 4)夫が亡くなった後のひきこもりから立候補の決意まで
 5)県議になってからの活動
③夫の闘病生活と、命が切れる瞬間の様子
④夫が遺した言葉
⑤看護師さんの言葉-医療者の言動の影響力
⑥人財育成
 海の清掃活動・ササユリの保護活動を通して
⑦3.11の時、世界中から賞賛を受けた日本人の言動
⑧百田尚樹さんの言葉
人に与えられた4つの命
 ・運命・天命・宿命・使命

⑩次世代を生きる皆さんへ
 ・医療人である前に、誰もが「一人の人間」
 ・高い「人間力」…人生を力強く切り拓いていく能力
 ・「公の精神」を持ったリーダーとして活躍して欲しい
 ・「気づくこと」…何が大切か、何が真実か、自分は今どうしたらよいのか。
 ・自らのセンサーをよく磨いておくこと
⑪課題
 ・自分に与えられた使命は何か?そのためにどう生きなければないか?

**************

今年も「手当て」の実践を行いました。肩甲骨の間に両手を置き、数分間。お互いの感想を言います。 講師として話すことに、ようやく多少慣れてきましたが、「一期一会」という言葉があるように、いつも初心を忘れないように心を込めて話をさせていただいています。


 聴いてくださった方に何か残ればうれしい、そんな気持ちで8年目の講義が、無事終わりました。




プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ