グループホーム「ビリーブ」が完成②

キャプテン館の合宿の様子。手前が衣川先生、真ん中が我が家の長男です。当時小4。 実は、私と衣川理事長さんとのお付き合いは、我が家の子供たちが保育園の時からですから、30年近くになります。

 当時、子供たちが通っていた櫛浜保育園に、月に1-2回、体操教室の指導者として衣川先生が来ておられました。縄跳び、水泳、運動会の組み体操などを教えてくださる衣川先生の体操教室が、子供たちは大好きでした。

 また、毎年春休みに、鹿野グリーンハイツでの合宿を企画してくださっており、我が家の子供たちは、小学生になってからも3人揃ってずっと参加していました。

 また、早くから障害児教育・スポーツに取り組んでおられ、この合宿には、障害がある子供たちも数名参加しておられました。


 そして、平成5年、市内の須々万にスポーツクラブの拠点となるキャプテン館を開設。平成6年、「ぱんとMy夢」を設立されました。

 「ぱんとMy夢」は、「養護学校(総合支援学校)を卒業した子どもたちに働く場を」という保護者の願いに応えてつくられた「手作りパンやさん」で、現在、知的障害のある5人がパンづくりに携わっていますが、この美味しいパンは、JA周南の直売所「菜さい来んさい!」などで販売しています。

 また、衣川さんは「ぱんとMy夢」をスタートさせた頃から、
今は、障害がある子供たちのご両親も、みんな若くて元気だけども、将来、高齢化した時には、自宅で両親が面倒を見ることができるのだろうか?子どもたちが安心して暮らせる施設が必要になるのでは・・・
と考えるようになられたそうです。

 しかし、ホームを作るのは並大抵のことではありません。衣川先生は、キャプテン館での体育指導、保育園、幼稚園への訪問指導をしながら、保護者の皆さんと一緒に
いつの日にか、自分たちのグループホームを!
という夢を描きながら構想を練っておられました。

 続く・・・
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ