グループホーム「ビリーブ」が完成①

グループホームビリーブ 今年の4月1日、周南市須々万に、知的障害者のグループホーム「ビリーブ」が完成しました。4月6日には竣工式が開催され、ご案内をいただきましたが、あいにく他の公務で伺うことができず、ずっと気になっていました。

 去る6月17日、ようやく訪問することができましたので、ご紹介いたします。

 この施設を建設されたのは 同敷地にあるスポーツクラブ・キャンプテン館の代表 衣川信直さんが理事長を務められるNPO法人信愛会

 「ビリーブ」の定員は8人で、同館に併設する障害者たちのパンの店「ぱんとMy夢(パントマイム)」に通う5人と別の事業所に通う3人が入所しておられます。
 
 ビリーブは木造2階建てで約255平方メートル。1階には食堂、談話室、事務室、浴室などがあります。2階は居室で、広さ10.8平方メートルの各部屋に、洗面所、トイレがあります。

整理整頓の行き届いた部屋。 室内は、とても明るく風がよく通り、また、周囲の田園風景が良く見える設計となっています。各利用者の部屋は整理整頓がきちんとされており、指導者の細やかな配慮が行き届いていることがよくわかります。

 建設費用は約6,500万円。2,000万円は銀行から融資を受け、残りは利用者の保護者が出資されたそうで、県や国からの補助は受けておられません。

 職員は8人で、夜は2人の宿直の方がいらっしゃいます。食事は衣川理事長さんの義理のお母様が作っておられます。入居している8名の皆さんは、平日はビリーブから職場に通い、週末は、市内や下松市の実家に帰って家族と過ごしておられます

 談話室でお茶をいただきながら、職員の方々から詳しいお話を伺いましたが、本当に温かいホームで、まるで、友人の家に遊びに行ったようなくつろいだ気持ちになりました。

続く・・・
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ