今年もササユリが咲きました

 6月中旬、鹿野の長野山の自然を守ってくださっている「渋川を守る会」の安永さんからお電話を頂き、
「そろそろ、ササユリが咲きますよ!来られませんか?」
とお誘いを受けました。

 私の大好きな花ですし、今まで、長野山の皆さんとササユリの保護活動に関わってきましたので、楽しみに出かけました。
* これまでの活動
 2012-08-15 長野山のササユリを守る体験活動   
 2013-05-13 長野山の山開き 


以前設置した看板とロープ柵の中には、たくさんのササユリが。 まだ少し早いのか、咲き誇っているのは一部でしたが、たくさんのササユリに蕾が付いているのを見て、ホッとしました。ササユリは優しく守ってやらないと、絶えてしまうからです。

 安永さんから
一昨年播いた種から、可愛い一枚の葉っぱが出てますよ
と教えていただき、その姿を見て嬉しくなりました。


 ササユリは、花をつけるまでに6-7年間かかります。しかも、3-4年咲くと、その球根は絶えてしまいます。

 発芽もゆっくりです。
 花が咲いた後、種がつき、種が地面に落ちますが、何と、発芽までに1年半かかります。

 そして、その発芽した年から、1年で1枚、2年で2枚、3年で3枚・・・と葉を増やしていき、7年かかって葉が7枚になると、初めて花芽が付きます。そして種がつき、次のササユリとなります。

ササユリの清楚な美しさ。とてもいい香りが漂います。 気が遠くなりそうな健気なササユリの一生。だからこそ、咲いた時に何ともいえない素晴らしい香りを放ち、一度見ると忘れることができなくなるのでしょう。


 しかし、「きれいだから」といって、山から摘み取って帰らないでくださいね。
 家に持ち帰っても、花は1週間で枯れます。しかも、その株は花を摘み取られてしまっては種をつくることができず、次世代につなぐことができないまま絶えてしまいます。

 球根ごと掘って帰り、家に植えても、環境が違いすぎるので、花も咲かず、種にもならず、いずれ球根もダメになるでしょう。

 健気なササユリは、現地で、目で楽しみ、香りを楽しみ、カメラに収めていただくしかありません。ご協力をお願いいたします。

 食堂で美味しいうどんと柏餅をいただき、帰りには鹿野の天神山のササユリを見ることができました。ここにもたくさんのササユリが、地域の皆さんに守られながら咲いていました。嬉しい一日でした。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ