NPO法人「周南いのちを考える会」の総会に出席して

総会の一場面。 5月18日、NPO法人「周南いのちを考える会」の平成26年度定期総会が開催されましたので、理事の一人として出席しました。

 この会は、がん末期の激痛に苦しみながら亡くなられた同室の40代の女性の姿を見、緩和ケアの必要性を感じられた前川育さんが、数名の方と一緒に設立されました。

 2001年6月にNPO法人設立総会。この時、後に顧問になっていただいた波多江伸子先生の講演会を開催。翌年6月、アルフォンス・デーケン先生を迎え、講演会。1,000人以上の方が聴きに来てくださいました。この頃から「緩和ケア病棟開設」の市民運動が一気に加速しました。

 2003年、「市民のためのホスピスケア講座」を開始。以後、毎年、5―6回シリーズで講座を開催しています。また、山崎章郎先生や、鎌田實先生、垣添忠生国立がんセンター総長など、著名な講師を迎え、講演会も開催してきました。

 また、2008年には、社会保険病院徳山中央病院に、念願の緩和ケア病棟(特例病床25床)を開設されました。

 さらに、2009年から、山口県立総合医療センターに、がん患者さんやご家族のための「きららサロン」を開設。毎週火曜・木曜に、病院と連携し、ボランティアメンバーが患者さんからの相談に当たっておられます。

 また、患者と家族のための「そよ風」を毎月第2木曜に開設。がんと告げられた時の不安、再発の不安、死の恐怖など、さまざまな不安や苦しみを持つ仲間との交流の場となっています。

 小さなNPO法人であるのに、これまで、このような活動ができたのは、前川代表が、「大切ないのち」を守るために全力で立ち向かってこられた結果でありますし、メンバーが代表を信じて、ついて行かれた成果でもあります。

 現在、日本人男性は2人に1人、女性は3人に1人ががんになると言われています。検診は、ぜひ、積極的に受けて頂きたいと思います。

 そして、もしも、ある日「あなたはがんです」と医師から言われた時、どうしたらよいか、各人が本気で考える時だと思います。

 NPO法人 周南いのちを考える会 ホームページほこちら


***参考***

 平成13年9月に夫を亡くした私は、たまたま新聞記事で前川さんの活動を知り、電話をさせて頂きました。

 すぐに前川さんはご仏前にお参りをしてくださり、私は、誰にも言うことのできなかった胸中の苦しみを、泣きながら吐き出させて頂きました。

 その時からの御縁で、以来、ずっと一緒にいろいろな活動をさせて頂いています。前川さんの優しくて細やかな心配りに、いつも感謝しています。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ