詩人のまど・みちおさんが亡くなられました

 童謡「ぞうさん」「一ねんせいになったら」「やぎさんゆうびん」など、思わず口ずさむ歌の作詞で知られる詩人のまど・みちおさん(本名・石田道雄、山口県周南市出身・川崎市在住)が2月28日、老衰のため104歳でご逝去されました。

 各新聞社がまどさんの死と、その生涯の業績について、詳しく報じられていました。詩人としても、人間としても、天から与えられた生を完全燃焼させて、みごとに生ききられた人だからでしょうか。

 まどさんは明治42年(1909年)に現在の辻町で生まれ、9歳でご両親が暮らしておられた台湾に渡り、10代半ばから詩作を始められたそうです。その後、台北工業学校を出て土木技師として台湾総督府道路港湾課などに勤務されていました。

 昭和9年に児童雑誌「コドモノクニ」に投稿した詩が北原白秋の選で特選になり、詩や童謡の創作に力を入れるようになられたそうです。太平洋戦争中は応召して南方を転戦。戦後、徳山へ帰られた後、川崎市に移り、国民図書刊行会の「チャイルドブック」の編集に携わりながら童謡を作詞し、「ぞうさん」も生まれました。


 以後、主な受賞歴は、

 昭和43年:第一詩集「てんぷらぴりぴり」を出版。野間児童文芸賞を受賞。
 平成5年:「まど・みちお全詩集」で芸術選奨文部大臣賞、産経児童出版文化賞大賞を受賞。
 平成6年:皇后さまが英訳された詩集などが評価され、「児童文学のノーベル賞」といわれる国際アンデルセン賞作家賞を日本人で初めて受賞
 平成15年:日本芸術院賞を受賞。 
 平成20年:100歳の誕生日を機に新作詩集を2冊刊行。


 また、ふるさと、徳山・周南でまどさんの存在が市民に広く知られるようになったのは76歳だった昭和61年頃からです。旧徳山市の中央図書館でまど・みちお資料展が開かれ、徳山小図書館にまど・みちお文学コーナーが開設されました。

 平成2年:PH通りに「ぞうさん噴水」完成。
 平成4年:徳山市から市民文化栄誉章が贈られ、動物園前に「ぞうさん詩碑」が建立。「まど・みちおこどものうたフェスティバル」が開かれ、まどさんから贈られた「コスモスのうた」が披露された。
 平成5年:市内の全幼稚園、保育園児が参加する「まど・みちおコスモス音楽会」が始まる。
 平成6年:「ぞうさん」のメロディーも流れる地下道「ポエムどおり」が完成。
 平成7年:美術博物館の開館記念式典に出席される。 市文化会館で「まど・みちお絵画展」が開かれる。
 平成11年:徳山市に絵画作品とカットなど280点が贈られる。
 平成15年:動物園内に「まるみみぞうさん詩碑」が建てられる。
 平成17年:市美術博物館で「まど・みちおの世界 / 絵画と詩の朗読」を開催。
 平成21年:百歳を迎えられる。市美術博物館で「まど・みちお“え”てん」が開かれる。

 まどさんの詩はどれも親しみやすいものであり、また、とても温かいまなざしによってつくられています。「一ねんせいになったら」(昭和40年)は、まどさんのファンの子供が3人、自宅を訪ねてきた時、3人の中で、何も話さずおとなしくしている子が1人いたので、この子を元気づけようとして書き上げられたのが、この歌だそうです。

 こんなお話を聞くと、本当に優しいまどさんを、より身近に感じることができるような気がします。

 まどさんはとても「恥ずかしがりや」で積極的に人前に出ることはなかったそうです。しかし、ふるさと周南市にだけは詩碑の建立や音楽会の開催を認め、「コスモスのうた」を作り、絵画資料も託されたそうです。   

昨年、徳山動物園にきた2頭のゾウ「ナマリー」と「ミリンダ」。まどさんの故郷にゾウを!という、市民の熱い想いが届いてやってきました。 まどさんは市民にとって本当に大きな存在でした。

 周南市民の心の中にこれからも生き続けるとことと思います。

 私も、まどさんの心を子どもたちに伝えていきたいと思っています。




プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ