「活力みなぎる元気な山口県に!」村岡知事の所信表明

 県議会3月定例会が4日に開会しました。

 去る23日に初当選し、25日に第47代山口県知事に就任された村岡嗣政 新知事にとって、初の定例県議会です。

 村岡知事は県政の基本政策として、「地域経済の活力向上」「人材育成」「地域活性化」「県民の暮らしの安心・安全」「強固な行財政構造の確立」の五つの柱で県政を進めると、所信表明演説をされました。

 また、知事は、総務省で財政企画官を歴任するなど、地方自治の世界を志した原点が「ふるさと山口県」にあることを改めて強調されました。

 また、骨格予算として編成された総額6,533億400万円の2014年度一般会計当初予算案など計62議案が提出されました。

 県議会の会期は20日までの17日間。10日は代表質問。11日から14日が一般質問。17日から19日まで常任委員会。20日が最終日となります。

 知事はこれまで官僚であったためか、初議会にもかかわらず緊張された様子もなく、とても落ち着いて議案の上程をされました。

 また、今回の県知事選挙の際に、空席となっていた3つの選挙区の県議補欠選挙が行われ、見事当選された山陽小野田市の江本郁夫県議、宇部市の篠﨑圭二県議、下関市の平岡望県議の3人の方が、初の議会に臨まれました。 

 3人揃って、我が自民党会派に所属されましたので、本会議場の席も替わりました。私の席は中央のブロックの右端、後ろから2列目となりました。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ