来年のNHK大河ドラマは「花燃ゆ」です

阿野商工労働部理事さん。大河ドラマの誘致は大変だったようです。 去る2月13日、山口県旅館ホテル生活衛生同業組合主催の「おいでませ山口アクションプランセミナー2014」が、山口市湯田温泉のホテルで開催され、約180人の行政や観光の関係者が参加されました。

 県では近年、「観光力の推進」を施策に掲げて全力で取り組んでおり、その中でも特に、2018年の「明治維新150年」に向けた目玉事業として、大河ドラマの誘致に積極的に取り組んできました。

 大河ドラマの舞台になれば、ドラマゆかりの情報がマスコミ等を通じて大量に発信されますので、集客効果など大きな経済効果もたらされます。(例えば、「功名が辻」(2006年)から「八重の桜」(2013)までの平均経済効果は215億円。観光客数は約5%の増加)

 誘致の結果、来年の大河ドラマが吉田松陰先生の妹、文(ふみ)さんの生涯を描いた「花燃ゆ」に決定したことは、山口県にとって大変に喜ばしいことであり、2度とないであろう最大の機会です。

 今回のセミナーでは、県観光連盟の松井専務理事や県観光振興課の佐田課長から、誘致の取り組みや経過、「明治維新」をテーマとした大型観光プロジェクトについて説明がありました。

 「花燃ゆ」は、萩市などで、8月から本格的な撮影が始まります。

 まずはこの撮影に、県をあげて協力すること、また、大河ドラマをきっかけに、山口県の観光が活性化し観光リピーターが増加するよう、「おもてなし」の心観光力を増強することが大切です。

 一昨年、福島県へ視察に行った際、翌年の「八重の桜」の宣伝のためのポスターやのぼり旗が各所に掲げてあった光景が脳裏に焼き付いています。

 何をしなければならないかしっかり考えて、官民一体となった取り組みを進めて行かなくてはならないと思います。良い学びをさせて頂きました。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ