第35回世界のフォークダンス発表会に参加して

 去る1日、恒例の「第35回世界のフォークダンス発表会・第41回冬季フォークダンスのつどい」が、周南市立徳山小学校の体育館で開催されました。

 会員の皆さんが日々練習されてきた曲の発表会です。朝早くから、きれいなコスチュームに身を包んだ方たち500人が県内各地から続々と集まってこられます。

故・八木正義先生と。第21回国民文化祭・やまぐち2006の際の写真。 私は、県フォークダンス連盟の顧問を仰せつかっていますので、いつも開会式でご挨拶をさせて頂いております。今年は2月に、県フォークダンス連盟の前会長であった八木正義さんがお亡くなりになられましたので、今日は追悼の言葉を述べさせていただきました。

 「いつもカメラを片手に笑顔の八木先生、残念なことに、今年は、その姿が見えません。
でもきっと、この会場のどこかから皆さんの踊られる様子を、にこにこしながら見ておられると思います。私たちは、八木先生のように生涯現役を貫き通すことのできる人生を見習いたいものだと思います
という内容のお話をしました。

 また、この日、県連盟の会報が配布されました。その中にも八木先生への言葉を書きましたので、紹介します。

********

『おいでませ!山口国体』開会式オープニングイベントが行われた広い維新公園の中央で、真っ白いコスチュームに身を包んだ500人の会員の皆さんが『カノンワルツァー』の調べに乗り、色とりどりの鮮やかなパラソルの花を開かせながら颯爽と踊られると、会場からは大きな拍手が起こりました。
私はスタンドから手が痛くなるほど拍手をしながら、ふと後ろを向くと、八木先生がビデオを撮りながら、
『今までの中で一番の出来具合だ。見事だ!』
と、うんうんと頷きながら、目に涙を浮かべ、ずっとその様子を見ておられました。
 今もきっと、皆さんのことを見守っていらっしゃると思います。八木先生のご冥福をお祈り申し上げます。

********



 私たちは、この世に生を受けて以来、必ず明日という日は来るものと信じ、毎日元気に暮らしていますが、いつかは、この世から姿を消さなくてはなりません。
例え、いつその日が来ようとも、後悔をしないよう、生きたいものだと思います
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ