ロボコン全国優勝!!徳山高専

 「全国高等専門学校ロボットコンテスト(高専ロボコン)」が11月24日に東京で開かれ、周南市の徳山工業高等専門学校が17年ぶり2回目の優勝を果たされました。

 このロボコンは、若い人たちに、既成概念にとらわれず「自らの頭で考え、自らの手でロボットを作る」ことの面白さを体験してもらい、発想する事の大切さ、物作りの素晴らしさを共有してもらう目的で開催されている全国規模のイベントで、今年で26年目を迎えます。 

 東京・両国の国技館には、各地の予選を勝ち抜いた25チームが出場され、今年のテーマ「Shall We Jump?」に沿って、発想力と独創力を駆使してロボットを製作し、競技を通じてその成果を競われました。 

 優勝した徳山高専のロボット「色とりドリィ」は、ロボットと学生がペアになって回す縄を、別のロボットが跳びながらコースを進み、課題のジャンプをこなしていくというものだそうです。

 徳山高専の学生さんたちが、懸命にドリィを作ってこられ、優勝された様子は、来る12月21日の午後4時~NHK総合で放送されるそうです。ぜひご覧になってください。


 実は私はこの「ロボコン」に大きな思い出があります。

 平成15年、初めて県議選に立候補した年です。この選挙中、ちょうど、古厩(ふるまや)智之監督が周南市で「ロボコン」の映画を撮っておられました。長澤まさみさん、小栗旬さん等が主演で、この高専ロボコンの全国大会を目指す若者達の姿を描いた青春ムービーです。

 県議選が終わった後、「ロボコン」の試写会にご案内を頂き、映画館でとても楽しく見せて頂きました。その後の懇親会で、私は、古厩智之監督さんに「初めまして」と、できたばかりの県議の名刺を持ってご挨拶に行きました。

 すると、古厩監督さんが
「あ!あなたが、藤井律子さんですか!?
といきなり言われました。

 私は何の事かわからず「はい、何でしょうか・・・?」
と返事をしたのですが
 「僕たちが映画の撮影をしようと思えば、『ふじいりつ子です、よろしくお願いします!』と選挙カーが回ってきて、何回も撮影をストップしたんですよ。僕は今日、あなたが来られると聞いたから、どんな人か楽しみにしてきました」
 と笑って言われました。 

 その時の選挙は、4つの議席を9人で争う激戦区でありましたが、不思議なことに他の選挙カーとはかち合わず、私だけ何度もロケ現場にお邪魔をしてしまったそうで・・・

 大変申し訳なく思うとともに、何か強いめぐり合わせがあったのかなぁと、忘れられない思い出です。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ