小郡幼稚園を訪問して④民家の縁側で

子どもたちは全部自分で着替えも片付けもします。 山を下りて園児たちに「大変だったね~!」と話しかけると、みんな
「そお~?楽しかったよー!」
と、大満足の顔。でも、みんなのズボンやシャツや靴は泥だらけ

「どうするのかな?このままじゃあ、バスにも乗れないだろうに・・・」
と思っていましたら、いつも山の麓のMさんというお宅の縁側をお借りしているとか。

 Mさんご夫妻から、「今日は留守をするけれども、いつもと同じように使っていいよ」と言う伝言があったそうで、園児たちは、まるで自分の家のように、自由に縁側に上がって、リュックから着替えを出し、下着まで取り替えています。

 全員、誰の手伝いも全く不要
です。 自分のことを自分でするのは当たり前だそうです。8番目の驚きです。

タブの木にみんなで「ありがとう!」自然に感謝です。 そして、全員が揃うと、また「タブの木」の所で、手を合わせ
「ありがとうございました!」

と御礼のご挨拶をします。自然に感謝する態度の素晴らしさに9番目の驚きです。

 園児たちは、バスに乗り込んだら、自発的にお留守のMさんのお宅に向かって、いつもと同じように、みんなで
「Mさんさようなら~藪台さようなら~!ありがとうございました~ぁ!」
と、言いながら手を振ったそうです。感謝する心を持った園児たちに10番目の驚きです。

 続く・・・
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ