小郡幼稚園を訪問して①

小郡幼稚園。森の中の幼稚園です。 以前から存じ上げておりました山口市小郡の「学校法人 片山学園 小郡幼稚園」の片山耕修園長先生より、
「11月25日に『育ちあい交流会』を開催します。ぜひいらしてください」
というお手紙をいただきましたので、園の見学を兼ねて参加することにしました。

 私は園児たちの登園の様子から見せていただきたいと思い、朝8時過ぎに幼稚園に到着しました。

 小郡幼稚園は、JR新山口駅から徒歩10分の静かな住宅街の中にあります。最年少・年少・年中・年長の4学年8クラスに分かれており、園児は208名。職員数21名(担任教諭などの常勤スタッフをはじめ、食育指導などの非常勤スタッフを含めて)です。
 
 園庭には、メタセコイヤやクスノキ、イチョウ、サクラ、カシ、クヌギなど、大きな樹木が林立しています。色とりどりの木の葉が風に舞う自然豊かな森の中に園舎が建っているという、これまでに見たことのない光景がまず1番目の驚きでした。

 園児たちは「おはようございます!」と元気よく挨拶をして、次々と園庭に入ってきます。先生たちはしゃがんで園児の目線に合わせ、園児の手にタッチしながら笑顔で迎えておられました。

私もねんど遊びにまぜてもらいました。 園児は各教室に入るとまず着替えをし、自分がしたい遊びに入っていきます。天気の良い日は、すぐに園庭に出て遊ぶのだそうですが、今日は、昨晩から続くあいにくの冷たい雨。粘土細工・積み木・木の実を使ったクラフト・汽車・ままごとなど、色々なコーナーで、自己表現をしながら遊んでいました。


 その後、交流会に参加された方たちと、園長先生から園の方針等の説明を受けていたときに、子ども達の明るい声が聞こえてきました。

 外を見ると、いつの間にか雨が上がり、園庭には縄跳びをする子、竹馬やホッピングで元気よく走り回る子たちがいっぱい!

自然豊かな園庭で子どもたちはのびのびと遊びます。 「まだ、水たまりもいっぱいあるので、泥んこになって、服がぬれるのでは・・・」
と、先生に聞いたところ、
子どもは泥んこになるのが当たり前ですから!
と即答され、2番目の驚き! 


 また、今回の「育ちあい交流会」では、この幼稚園の特色である「里山保育」の見学が予定されていました。

 この里山保育は、里山に入り、山遊びをする中で子どもたちの心身を育てようというもので、小郡幼稚園では、小郡の中でも美東町に近い山間部の 「藪台(やぶだい)」という地区の里山に、子どもたちを連れて定期的にいかれているそうです。

 この日は悪天候から「今日はきっと無理だなぁ・・・」と残念に思っていましたが、そのうちに、園長先生が大きな声で
決めました!行きましょう藪台へ!」 
と言われ、 「えー!?ほんとに!?」と3番目の驚き! 

 交流会のメンバーは、里山遊びの支度をしていない者ばかりでしたが、一緒に出掛けることになりました。私も園長先生に長靴をお借りし、先生の車に乗せて頂き、初めての「藪台」に向けて出発しました

続く・・・
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ