下松港の海底清掃をしました

開会式であいさつをさせていただきました。 去る9月28日、日本釣振興会・県釣り団体協議会と、私が会長をしている山口県周南清港会の主催で、下松港の海底清掃をしました。

 この3団体で海の清掃活動を開始したのは数年前からです。ダイバーと共に海底清掃活動を開始したのは2010年からで、今年は既に3回目となります。

 今回も、ボランティアとして協力してくださったのは、レストラン「シーホース」の経営者である京滝さん親子をはじめ、ダイバーの方6名
 県立下松工業高校のハンドボール部・バスケットボール部の皆さん、市立下松中学校の生徒会の皆さん
 さらに、地元自治会の皆さん、産廃業者の方々、県や市の職員の皆さんなど総勢80名の参加となりました。

 先日、この埠頭へ下見に来た時には、下松漁港の入り口のあたりの海面に多量のごみが浮遊していましたが、今日は、そのゴミもなく、生徒の皆さんも「どこにゴミがあるんだろう・・・?」と思っていらっしゃるようでした。

ダイバーが海中で回収したごみをボランティアの中高生が引き上げます しかし、ダイバーの皆さんが海に飛び込み、しばらくすると、海底から自転車、タイヤ、漁具など大きなゴミ、また、ペットボトル・空き瓶などの小さなゴミを次々と回収され、海面まで持って上がられます。

 生徒の皆さんは陸上からダイバーさんをめがけてロープを投げ、ゴミをくくりつけてもらい、みんなで力を合わせ、ゴミを引っ張り上げます。そのゴミの全容が見えるたびに「ウオー!」と歓声が上がります。そして、港内に停泊している清掃船「太華」に積み込みます。

 上から海面を覗き込むと、とてもきれいに見える海ですが、海底には多量のゴミが投棄されており、今回も1.5トンが回収されました。

 来る10月17・18日には全国清港連絡協議会総会が周南市で開催されます。私は引き受けの会長として、瀬戸内のきれいな島々と、青い海、回天記念館などを見ていただきたいと思い、今、その準備に追われている所です。

 ダイバーが潜っての海底清掃をしている清港会は全国でも他にはないと伺っていますので、ぜひ、写真等で皆さんにこの清掃活動を皆さんにご紹介したいと思っています。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ