9月定例議会が閉会しました

 9月定例議会が去る4日、閉会いたしました。豪雨災害の対策関連事業費など103億9100万円を追加計上し、総額7144億700万円とする2013年度一般会計補正予算案、人口減少・地域活力維持対策特別委員会の設置議案など、11議案が可決されました。

 私は希望して、この「人口減少・地域活力維持対策特別委員会」のメンバーに入ることができました。

 また、今回、台湾との友好を促進し親善を図る「日台友好促進山口県議会議員連盟」が設立され、私もその一員となりました。

 これは県が7月に策定した「山口産業戦略推進計画」の重点戦略です。台湾を始めとしたアジアへの県産農林水産物の輸出拡大や外国人観光客倍増に向け、国際観光を推進するプロジェクトを掲げ、本年度は台湾で物産展や商談会が重点的に開かれることなどを踏まえて設立されたものです。

 私は以前、県議会の同期生で作る柔燦の会(じゅうさんのかい)で、台湾を訪問した時に台湾の人たちの温かさに触れ、感動したことがあります。
2009-02-17 初めての台湾研修旅行①
 ~2009-02-26 報告⑧

 日本が台湾を統治していた時、日本人技術者の八田與一により策定された烏山頭ダムをはじめ、学校建設などに力を貸したことを、現地の人たちが今も感謝しておられる言葉を聞いたり、麦寮コンビナートなど戦略的な港湾整備などを見学したりしたこと、また、料理がとてもおいしかったことなどの思い出が忘れられず、チャンスがあれば、ぜひまた行ってみたいと思っています。

 尚、山口県議会の議員定数見直しなどを協議する「選挙区問題検討協議会」が開かれ、現在の15の選挙区は維持し、49の議員定数を2~4議席を削減する方向で話し合いが進められました。

 議員数は議員一人当たりの人口の目安を3万人以上とすることや、全国の削減状況を基に決められたそうです。

 新聞等の報道によると、2010年の国勢調査による山口県の人口は145万1338人で、このデータを基に試算すると、定数が2削減の場合は下関市区と宇部市区でひとつずつ。3減の場合には加えて光市区。4減の場合には更に、周南市区が対象となるそうです。

 新しい定数は2015年の次期県議会から適応できるよう12月定例会の会期中に結論を出す方針だそうです。

 代表質問に始まった今議会、大変中身の濃いものでしたが、無事終了いたしました。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ