拳心館組手の大会が行われました

小さな子どもも、一生懸命に組手をしています。 去る4日、拳心館空手道の第25回選手権大会が開催されました。

 今日は組手の大会ですので、一瞬の気の緩みも許されません。選手の皆さんは、これまで一生懸命練習してこられたその成果と、空手ならではの「たくましい動き」「気合い」を発揮しておられました。

 空手を始めたばかりの小さなお子さんもいらっしゃいますが、こちらはまだ組手の意味もわからないようで、可愛い仕草が続き、会場から大きな拍手が起こっていました。

 前回の春の大会の時は、「人の話を聞く時には目を見て聞く」ということができなかったり、「玄関の靴が乱れていたり」と、少し気になることが多かったので、私は開会式で
「みんなで本気に取り組もう」と申し上げました。

緊張感をもって、正しい姿勢でお話を聞いたり、模範演技を見つめたりする姿に確かな成長を感じました。 今日は、玄関の靴も整然としておりましたし、会場全体にピンとした緊張感が漂っていました。目を見て話を聞く態度も、正座をして模範演技を見る態度も前回とは比べようのない成長です。

 きっと、指導者の先生方の日々の指導や言葉かけが良かったのだと思います。これからも、ぜひ続けていただき、子ども達が、空手を通して、日本の武道の素晴らしい精神、心を習得していただきたいと思います。

 指導者の皆さんには仕事が終わってからの練習や指導、本当にお疲れ様です。子ども達の身体も心もすくすくと育つために、これからもお力を貸していただきますよう、よろしくお願いします。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ