豪雨災害①阿東町徳佐視察

岸県連会長と一緒に、JR鍋倉駅周辺にて、線路の橋脚から流されている様子。 山口県萩市須佐、山口市阿東、島根県津和野町は、7月28日、記録的な大雨に見舞われました。

 28日0時から19時までの雨量は、山口市阿東徳佐で324ミリ、萩市須佐町で351ミリであり、これは、例年の7月の1か月間の平均降水量を上回ったそうです。

 また、1時間に観測史上最大となる142ミリを記録し、気象庁は「これまでに経験したことのないような大雨」と言う表現をされました。萩市では死者2名、行方不明者1名という被害が出ております。

 先日から、新聞やテレビのニュースで、連日、その被害の大きさが報道されてきましたが、2日、岸信夫県連会長から、「阿東町の被災地を視察する」という連絡が入ってきましたので、総務会長として、同行させていただくことにしました。

 まず、阿東総合支所で、山口市長さんと総合支所長さんから被害状況について説明を受けた後、車に分乗して現地を視察させていただきました。

高校生のボランティアの方が懸命にリンゴ園内に流入した電柱等を除去していました。 被災地の悲惨な状況は、想像をはるかに超えていました。鉄橋は形もなく崩れ落ち、リンゴ園は大きな木が根こそぎ流出し、川の護岸はコンクリートがはがれおち・・・

 日本の原風景のような阿東町徳佐の穏やかな農村風景が、見るも無残な形になっており涙が出ました。

 ボランティアの方たちは、家に溜まった土砂を洗い流したり、濡れて使えなくなった家財道具を外に出したりと、汗を流しておられ、その一生懸命な姿に頭が下がりました。

 電気などライフラインは徐々に復旧してきているものの、不便な生活の中はまだ少々続きそうでした。

 自然の猛威を前に、なんと人間の力は小さい・・・と思いながら、阿東地域を一巡しました。詳細は続きで・・・ 
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ