くりや苑がオープンしました

3階建て・100床の施設です。 私の住んでいる栗屋の荒神自治会内に、(社会福祉法人)栗屋福祉会が特別養護老人ホームくりや苑を開設されました。山陽本線をはさんで、我が家から200m位の所です。

 7月1日のオープンを前に、前日、その内覧会と竣工祝賀会が開催され、私も地元議員としてご案内を受けましたので、出席いたしました。


 くりや苑は、徳山競艇場の西側、旧国道188線沿いの住宅街の中に建設されました。施設は鉄筋コンクリート3階建てで、延べ床面積は約5500㎡。建設費は約10億円だそうです。

全室個室。外のきれいな庭が目に入ります。 入所定員は100名(ショートステイ10名を含む)、全室個室で、一人ひとりに合わせた介護と介助をめざしておられます。


 また、理事長の石川良興先生は人工透析を専門にされている徳山内科クリニック(くりや苑から西に500mの所に位置)の医師ですので、今後、透析患者も積極的に受け入れられるそうです。



六角形のテーブル。間の丸いいすに腰掛け介助します。利用者用の椅子や机はその人に合わせた高さで、立ち上がりをしやすい工夫がされています。 広い館内を看護部長さんのご案内で見学をさせていただきました。利用者の方の、今ある能力を最大限に活かしその人らしく暮らすことができるように、あちらこちらに温かい配慮が見受けられました。


 桜色LED(緊張をほぐしリラックスさせる効果)や低床ベッド、高反発マット(床ずれを予防しつつ、本人の日常生活自立度を維持させるためのベッドマット)、利用者の体型にあわせた椅子や食卓の準備、六角形テーブル、シャワードパス(霧状のシャワー)など、最新の介護施設を備えています。


厨房はオール電化で、スチームコンベクションオーブンなどの機器が備えられています。 厨房はオール電化で、県内にはまだ普及していないスチームコンベクションオーブン(一気に200人分の煮る・焼く・蒸すの調理ができる)、急速冷凍機などを備えた、とても広く、清潔感あふれるものとなっていました。


 居室の外には日本庭園や花壇、壁面緑化などもあり、快適空間が造られておりました。


 部屋の方も入所者の予約で、ほぼ満室になったそうです。スタッフの方々には、入所される方が、自分らしい生活を送ることができるような介護を提供していただきたいと思っています。


 尚、現在、周南市においては、65歳以上の高齢者は41,000人を超え、高齢化率27.7%。介護保険施設としては、特別養護老人ホームが6か所、介護老人保健施設が7か所、介護療養型医療施設が3か所あります。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ