自民党女性議員政策会 ③

看護連盟の、あべ俊子参議院議員と久保洋子金沢市議会議員と一緒に。 今回の研修会は、県連大会で総務会長を拝命した翌日からの大会でした。初めて、「総務会長」の名刺を使いましたが、その時の相手の方の反応は
え、総務会長って何の?自民党の?え?総務会長って男性じゃないの?
山口県って進んでるんですね!
「女性の三役って、党本部と一緒じゃないですか!」 等々…。

 そのたびにとても楽しい会話がはずみました。が、一方で「やはり全国でも女性の登用は珍しい例である」ということを実感いたしました。

 全国には約3000人の都道府県議会議員がいますが、自民党の女性議員はわずか30名たらず、約1%です

 安倍総理はこの度の3本目の矢として、成長戦略の中核に「女性が活躍する社会」を打ち出しておられます。

 特に「2030運動」として、「指導的地位に占める女性の割合を2020年までに30%程度にする」という数値目標を立てていらっしゃいます。

 しかし、実際には女性が家庭を持つと、出産や子育て等もあり、責任を持って仕事を続けていくには高いハードルがああります課題山積ですが、目標値に向かって施策が進んでいくよう期待しています。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ