「原田」の酒蔵まつり

ふく処「快」の奥様たちと一緒に酒粕詰め放題!一袋なんと100円です。 去る26日、周南市の街中にある「株式会社はつもみぢ」の「第4回酒蔵まつり」が開催されました。ステージでの「きき酒大会」や「酒粕詰め放題」など、普通のお祭りでは見られない楽しい企画がたくさんありました。普段は入れない酒蔵の中でお酒を飲みながらおしゃべりを楽しむこともでき、多くの人で賑わっていました。

 この「はつもみじ」は、江戸時代から酒造会社を営んでおられましたが、日本酒の消費量が減少したため、昭和60年に酒造りを中止されました。

 しかし、平成17年、現在の社長さんが、山口県内で消費される日本酒のうち、山口県産の割合は約2割しかないことに疑問を感じ、さらに、創業以来185年も続いたこの会社に生まれた者の責任と使命感から「自分がやるしかいない!」と、酒造りを再開され、現在、「原田」という名前のお酒を造っておられます。

 最初は、酒造りの知識も蔵も設備もなく、あるのは決意と思いだけで、何から始めればよいかわからなかったそうです。東京や広島での酒造講習、全国の酒蔵見学などを終え、どのような酒造りがしたいのかが徐々に明確になり、最終的に「一回の仕込みを小さくして、なるべく在庫を少なくし、無くなりかけたらまた仕込む。それを一年間繰り返して、一年中新酒を提供できる四季醸造蔵」に取り組まれたそうです。

 今では、「とても美味しい!」と人気があり、と市内のホテルの宴会や飲食業のお店では必ずこの「原田」が出てきますし、東京や海外への売り込みも始められるなど、とても順調に酒造りも進んでいます。また、若者の雇用にも積極的に取り組まれ、企業としての実績も伸ばしておられます。

 若者が一生懸命、「ものづくり」に取り組まれる姿勢には頭も下がりますし、同時に精いっぱい応援していきたいという気持ちにもなります。皆様もぜひ一度お試しください。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ