石田昌宏さんを山口県にお迎えして

石田昌弘さんと一緒に。笑顔のすてきな、あたたかい方です。 日本看護連盟から講師をお迎えし、山口市で政策研究会が開催されました。私も、全国で一人だけの看護連盟所属の県議として、会場いっぱいの看護師さんに向けてご挨拶をさせていただきました。


 講師は、現在、看護現場の声を聞くために全国の病院、施設などを回っておられる石田昌宏さん。「看護の力が日本を元気にする!」と言うテーマでお話してくださいましたので、内容の一部をご紹介します。

*看護師が充実感を持って看護にあたれば患者は元気になる。

*完治していない、退院後の療養生活に自信が持てない状態で退院させられる今の制度では、患者も家族も看護師も幸せにはなれない

皇后陛下のお言葉・・・看護師の使命について

*人生の終わりの時を迎える人に対して、看護師としての役割
 親を看取る・・・大切なものを受け継いでいく日本の文化

療養病床の看護師の人数を倍に増やし、患者のケアにあたった病院の事例

 ・何もできない寝たきりの高齢の患者さんを、1時間かけてゆっくりと入浴させ、全身の関節一つずつ、顔の表情筋までマッサージをした。
 ・次第に筋肉が付き、表情が出てきて、笑顔まで見せるようになった。
 ・家族との関わりや人間関係も変わる。

*定年後の看護師さんの活用について
 ・88歳の傾聴ナースについて
 ベテラン看護師ゆえにできること(高齢者の体験談に共感できる)

医療費の削減
についての提言
 ・健康増進させることにより、病院にかからなくても良い身体をつくる。
 ・病気を治療する予算38兆円に比し、健康増進施策にはわずか数千億円。
 ・看護師が会得している「健康になるための知恵・知識・技術」を、国民に正しく啓発し、健康になるよう導く

*ナイチンゲールの「看護覚え書き」について
 ・この冒頭に「これは看護の手引書でもないし、教科書でもない。あらゆる女性のために書いた」とある。
 ・世の中の全ての女性は、看護の力を持っている。   等々・・・。

 現場で働く看護師さんに求めたいことを、皆さんの心に深く届くように、とてもわかりやすくお話されました。

 人を優しくケアすれば、自分も元気になります。お互いに優しい声掛けができるよう努力したいですね♪
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ