鹿野の石船温泉桜まつりに参加して

地域の方々が、歌や踊りを披露されました。 去る4月14日、恒例の「石船温泉桜まつり」が開催されました。鹿野地区は周南市の北部に位置するため、桜の開花時期も例年、市街地より2週間程度遅くなります。

 今年も桜吹雪が舞う中にステージがつくられ、式典の後、地区住民の方々の歌や踊りが披露されました。会場周辺ではお餅つき等も行われ、とても楽しいお祭りが行われました。

 この会場の下には清流渋川が流れ、その傍には、以前、河川標語で国交大臣賞を受賞した有国遊雲君の「川が好き。川にうつった空も好き」の句が刻んである碑があります。

 先日からこのブログでお伝えしているように、菅原監督がこの川、この地区、ここに住む人たちをテーマにした映画を作ろうと企画をしておられます。今、シナリオを書いていらっしゃる時であろうと思いますが、鹿野の地区民を中心に「てごの会」が結成され、映画づくりにみんなで協力をしようという機運が上昇しています。(映画づくりについてはこちら:遊雲くんの映画ができます ① 

私もご挨拶をさせていただきました。 私は、お祭りの式典で挨拶の場を頂きましたので、「川が好き」という歌を紹介しながら
『いつの日か、川にうつった空になって、いつの日か、川にうつった僕になって 
  帰ってくるよ いつかきっと。 
  少しの間 お別れだけど。
  みんなありがとう。僕は往きます。いつまでも僕は忘れない…』

 と歌詞にあるように、遊雲君は、映画になって、また、みんなの所に帰ってきますよ。みんなで映画づくりを応援しましょうね」
とお話させていただきました。

 ステージから降りると、遊雲君のおばあ様とお母さんが
「りつ子さん、ありがとう!」
と涙を流しながら駆け寄ってこられました。きっと、遊雲君のことを一日たりとも忘れることができなかったでしょう。おばあ様やお母さんの気持ちが痛いほどよくわかります。

 時間的にも少ししか居ることができませんでしたが、出会いに感謝する一日でした。そして、映画の制作が一日も早く進むことを念願しています。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ