中学校の卒業式に出席して

 先日、周南市立のある中学校の卒業証書授与式に出席しました。

 会場である体育館に入る時、服装や髪形に乱れのある数名の卒業生とその保護者が体育館の周辺にいるのが目に入りました。彼らは結局、卒業式に出席しませんでした

 約120名の卒業生のうち、欠席者は10数名。出席をしていても、校長先生の式辞すらまともに聞こうとしない生徒も・・・。あまりにもひどい態度に、情けない思いでいっぱいでした。

 1クラス30人の中に、このような生徒が3-4人ずついた訳ですから、授業も十分進めることができなかったそうで、卒業後の進路がきちんと決まっていない生徒も数名いると聞きました。

 ここに来るまで、先生方も、市教委や県教委と共に、各生徒や保護者への対応をしっかりしてきたとのことで、学校をあげてご尽力されてきたことはよくわかりましたが、残念ながら、地域はこの情報をキャッチすることができず、あまり協力をすることができませんでした。

 彼らのために、地域として何かできることはなかったのだろうか・・・。卒業式終了後、来賓控室になっていた図書室に用もないのに入り、来賓に話しかけてきた、彼らのあどけない表情やちょっと寂しそうな姿が頭から離れません。

 彼らが今後、どんな生き方をするのか心配です。また、地域は彼らをどのように受け入れていけばいいのでしょう。

 文教警察委員長として思うことは山ほどありますし、今後の大きな課題です。皆様のご意見を聞かせて欲しいと思います。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ