「バク宙五重跳び」に感動!

 
子どもたちは一生懸命に三村さんのお話を聞いていました。 去る1日、櫛浜小学校と櫛浜保育園で、縄跳びアスリートの三村大輔さんによる縄跳び教室がありました。

 三村大輔さん(31歳)は島根県出身で、現在、島根大学大学院で学ばれています。中学校、高等学校の教諭1種免許状(保健体育)をお持ちですが、フリースタイル縄跳びの全日本チャンピオンとして、松江市を拠点に全国の学校やイベントで、縄跳びの出前教室を行っておられます。

 私も保育園の年長さん、年中さんと一緒にその演技を見せていただきました。

 楽しいトークをはさみながら、様々な縄跳びの技を見せてくださいます。まずは、二重跳び、三重跳び、四重跳び、五重跳び・・・とレベルが上がるたびに、子ども達から「わー!!」という大きな歓声が上がります。

 体操競技の経験を生かしたアクロバットな技など、見たことのない縄跳びの技が続くと、子ども達は、真剣なまなざしでじっと食い入るように三村さんを見つめていました。

 また、音楽に合わせてのパフォーマンスはとても楽しく、表情もとても豊かな方ですので、子ども達は大喜び!

バク宙5重跳び。驚くような速さと高さで、後ろ宙返りをしながら5回縄を回していらっしゃいます。 身長165センチと少し小柄ながら、大変筋肉質な身体から繰り出される数々の技の中でも特に驚いたのは、最後に披露してくださった大技「バク宙五重跳び」です。

 「あっ、空を飛んだ!

 一体何が起こったのか、どんな跳び方をされたのかわからない程の瞬時の技。縄跳びの縄が風を切る音だけが耳に残りました。日本でこの技ができるのは三村さんだけだそうです。

 三村さんは2006年に「第6回世界縄跳び選手権大会」で、フリースタイル部門5位、2008年「第7回世界縄跳び選手権大会」でフリースタイル部門5位、2010年「第8回世界縄跳び選手権大会」で総合8位という成績を収めておられますし、日本の選手権では四冠だそうです。

三村さんの演技を見た後の園児たち。なんと今までできなかった跳び方もできるようになりました! 「子ども達が縄跳びの練習をすることで、前日よりも少しでも技が伸びていく、その過程がとても大切であり、さらには、もっと練習すると、次にはこうなるというイメージを沸かせることが、今後人生においてとても役に立つと思う

と、言われた三村さんの言葉が忘れられません。

 三村さんは、これまでも北海道から九州まで全国各地の学校で子ども達に素晴らしいパフォーマンスを見せておられますが、要望があれば、全国どこへでも行ってくださるそうです

 最近の活動は、2月4日山口県周南市久米小学校と勝間小学校。
 2月5日山口県岩国市本郷小学校・中学校と、岩国市錦清流小学校。

 youtubeにもアップされていました。ぜひ、この素晴らしい技を動画でご覧ください。
 http://www.youtube.com/watch?v=eKlJs0nH5sk
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ